715687 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愈々庵気まぐれ日記

PR

全1815件 (1815件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2020.05.30
XML
カテゴリ:主張
コロナウイルスと戦ってくれている医療関係者には無限の感謝をささげたい。ブラウン管を通してコロナと向かい合っているだけのわが身を顧みている。

昨日はこれらの医療関係者に感謝するため航空自衛隊が都心上空、とりわけ多くの患者を受け入れている病院の上空を中心にブルーインパルスを飛ばした。



残念ながら我らが上空はルートから外れていたが、別の意味でそれ … [続きを読む >>]





Last updated  2020.05.30 19:42:21
コメント(2) | コメントを書く


2020.05.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
80有余年の人生で自身パンデミックの渦中に身を置くのは初めてである。不要不急は今の私そのものなので散歩以外に外出の機会もない。
十数年前にブログを開設して以来少なくとも毎月何篇かは投稿校していたのに、一編の投稿もないまま五月ももう80時間足らずになってしまった。午後急な雨に急いで散歩を切り上げて帰ると雷を伴った大粒の雨、
ややあって東の空に久方ぶり … [続きを読む >>]





Last updated  2020.05.28 21:17:35
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.30
カテゴリ:自然
​コロナコロンナで気が散っていたらなんと今日はもう4月の最終日Stay Home とやらでここのところ電車に乗ることもなく
近所の散歩だけで過ごしてきた。振り返ってみると4月は初めのころに2編のブログを挙げただけである急いで散歩中スマホで射ておいた4月の残像を挙げてこの月を送ることにする。
確か4月の満月はスーパームーンだったよな気がする、4月5日の月は
黄昏を待 … [続きを読む >>]





Last updated  2020.04.30 18:29:58
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.07
カテゴリ:Belanda景色
今年の桜は散り際が良くない。
例年より10日も早くやって来たのにぐずぐずしてまだ居座っている。
小人(COVID)に脅されて動きは取れないようだ、少々みっともない。

ことらも脅されてあまり外に出られない。
ぼんやり外を見ているとなんと植え込みのつつじがもう満開である。



両脇のさつきはさすがにまだ蕾もない。





そういえばいつの間にかてゅーリッ … [続きを読む >>]





Last updated  2020.04.07 18:29:08
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.06
カテゴリ:都内散歩
東京の今年の桜開花は3月16日であった。それからもう3週間が経過したのにまだまだ姥桜なんてものじゃない、さすがに青春期とは言えないがまだまだ葉桜には程遠い壮年期の風情である。
そしてこれからは枝垂れ桜、八重桜とまだまだ桜の季節は続く。


そしてソメイヨシノと共演するのは山吹の花
太田道灌ではないが八重の山吹には実が成るが一重には実がない。
「七重八重 … [続きを読む >>]





Last updated  2020.04.06 12:44:59
コメント(2) | コメントを書く
2020.03.30
カテゴリ:主張
とにかく大変な勢いである。テレビ各局も朝から晩までコロナ、コロナ、今まではこの言葉に好感を
持っていた人が多かったのに一挙に悪玉になってしまった。何時までも新型と言っていられるか分からないので日本もそろそろ
COVID19に慣らしておかなけれないけないだろう。
桜も異常に早い時期だがコロナに引っ張られてやってきた。
花見に浮かれている場合ではないがここは … [続きを読む >>]





Last updated  2020.03.30 16:59:53
コメント(2) | コメントを書く
2020.03.16
カテゴリ:Belanda景色
先週のある日猛烈に冷え込んで鉢植えの植物が皆凍傷でやられた。
ところが同じ週末は今年一番の20度近い暖気に包まれた。
そんな目まぐるしい間の一日、春には信じられないような見通しの日があった。
デジカメをもって玄関先の廊下に出てみるとなかなかの富士の雄姿であった。


同じ場所で目を90度転じるともう一つの富士山が目に入った。
左肩下がりの頂上や傾斜角 … [続きを読む >>]





Last updated  2020.03.16 14:09:55
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.14
カテゴリ:花見見物
​昭和18年(1943)私は国民学校(今の小学校)に入学した。
国語の教科書の第一ページは「サイタ サイタ サクラガ サイタ」であった。
当時はまずカタカナを習った。
祖父なども手紙は漢字・カタカナ交じり文であった。

新種コロナウイルスはパンデミックという新たなステージに入ったらしい。​新種だけに治療法はどこもなく、病院と言っても根本的には病気の治療では … [続きを読む >>]





Last updated  2020.03.16 09:26:22
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.28
カテゴリ:Belanda景色
今我が家の花壇に咲いている春のキバナとしてキバナカタバミの他にもう一つ
水仙の一種テータテートがある。テータテートはもちろん園芸種名であるが、
Narcissus cyclamineus(シクラメ咲き水仙)から改良したものであるが
学名を持ち、Narcissus cyclamineus Tete-a-tete である。ラッパ水仙の一種と思われ、水仙であるから当然花は皆下を向いて咲いている。
下の写真で … [続きを読む >>]





Last updated  2020.02.28 17:59:23
コメント(2) | コメントを書く
2020.02.26
テレビは朝から夜遅くまで新型コロナばかりであり、実をいうと我が家でも二人の息子がインドと深圳に閉じ込められて子供の卒業式や入学式に出られないそうだ。
先々週の厳しい寒気はあったものの今年は概して暖冬でいつの間にか2月も終わりに近い。
草木はウイルスには全く不感で梅や桜も2週間早い開花だそうだ。
我が家でも草花がだいぶ前から春の先駆けを務めている。
… [続きを読む >>]





Last updated  2020.02.26 18:35:43
コメント(1) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1815件 (1815件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.