714897 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愈々庵気まぐれ日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

Recent Posts

Freepage List

Calendar

2011.11.23
XML
テーマ:国内旅行(999)
カテゴリ:カテゴリ未分類

犬山本町通り

愛知県最北の町犬山も大きな産業があるわけでもなく明治村や

犬山城を核とした観光都市を目指しているのであろう城に繋がる本町通り

商店街は明治・大正時代を思わせる街造りにリフォームしている。

 

DSCN3134

下の写真で左の店の看板には「犬山名物・城で餅」とある、また右の

白い看板には「ワイン祭り」とある。前日観光案内所を訪ねると「本町

通りでワイン祭りが行われております」と教えてくれた。犬山ワインは

聞いたことがないと思ったが、ここの姉妹都市はドイツのザンクトゴアー

ルスハウゼンだとのことである。St Goarshausenはライン川が名勝

ローレライの岩を過ぎるところの小さな街である。ライン下りの観光船は

多くの人がMainzで乗船してKoblenzで下船するが急ぐ人はローレライ

の岩を過ぎた直後のSt.Goarで降りる。そのSt.Goarの対岸がSt.

Goarshausenである。辺り一帯はラインワインの中心地でもある。

例によってくどいrakutenであるが、ここまで記さないと犬山のワイン祭り

に合点が及ばないだろう。

DSCN3133

古い屋並みのどこかに説得力のあるお地蔵さんが置かれていた。

お地蔵さま、その通りでございます。肝に銘じておきます。

DSCN3130

犬山の中心街には二つの大きな街筋があり、本町と錬屋町は

互いに競い合う大きさの山車を持っている。下の山車庫は本町の

もの、そして次のものは練屋町のものである。山車だけでなく庫まで

競い合う様子が見て取れる。

DSCN3136

 DSCN3169

プロムナードが終わる辺りになると丘の上に国宝犬山城の姿が。

DSCN3135

DSCN3137

上に記したように本町プロムナードの一つ裏の通りが練屋町通り

である。ここには酒蔵や小堀遠州作とも伝えられる庭を持つ酒造家

の屋敷などが有るらしい。街角の掃き掃除をしていた古老の話に

よるとかって練屋町はすべてこの酒造家の敷地であったらしい。

DSCN3165

観光用商業施設では無い格子戸と”犬矢来”を備えた古い民家が

酒蔵だろうか。

DSCN3168

この酒屋が作っていたのが犬山名物の”忍冬酒”、今14代目と云う

酒屋さんの作る秘伝の薬用酒で小島醸造のホームページを見ると

江戸時代成瀬家から将軍への献上品としても使われたとか。ただ

中国語のWebページはやたら沢山出てくるので中国由来は確かの

ようだ。

DSCN3167

写真には無いがこの練屋町通りには万田屋製菓と藤沢製菓

と云う競合する小さな2軒の菓子屋が隣り合っている。ほかに少し

離れた所に厳骨庵と云う店が有り、この3軒で製造販売している

のが犬山名物”ゲンコツ”飴。キナ粉と水あめを練り固め、更にキナ粉

をまぶしたもので”名物に――――なし”の典型でもあるが、武士の

戦場での携帯食としてはバランスのとれた良い食品だろう。

飴粒の形が握りこぶしに似ていることからの呼び名だとか、飛騨地方の

駄菓子としても食されているそうだ。






Last updated  2011.11.23 13:31:01
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.