728195 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愈々庵気まぐれ日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

Recent Posts

Freepage List

Calendar

2011.12.22
XML
テーマ:国内旅行(1007)
カテゴリ:カテゴリ未分類

ホテル・葛城北の丸

今回孫娘のピアノ演奏会へ行ってきたが、ボーナスを手にした直後で息子にも幾分 

余裕が有ったのか宿泊は”葛城・北の丸”に招待してくれた。この宿が有名になった

のは日韓ワールドカップの時”侍ジャパン”がここを根城にして活躍した時である。

ここは往時の平地城をモデルにしてヤマハが設営した擬似城郭ホテルである。

さしずめヨーロッパの”古城ホテル”の日本バージョンであろうか。下の写真の

ように濠に囲まれた大手門を入ると一本の大楠を中心に訓練・儀式広場を

挟んで本丸・二の丸を摸した造りである。 

キャプチャ

車からから下りて大手門にかかると昔の灯台のような常夜灯が有り、葛の葉の

紋章が描かれた提灯が下がっているが番兵が居るわけでも無く難なく入城できる。 

DSCN3709

門から場内を眺めると大楠の向こうに北の丸が見える。実は孫達の7・5・3の

時と今年の正月にここでわが一族の食事会をしたことがあるが宿泊するのは

今回が初めてである。。 

DSCN3708

葛城・北の丸とは称しているが実際にここに城が有ったわけではなく葛の茂る

この丘に雪国から古材を集めて江戸時代以前の平地城風の建物群を再現して

いるのだ。当然家紋は葛の葉3枚となる。 

DSCN3693

同じ3枚の植物の葉を配してもこの様に下向きにすると優しさがにじみ出る、

上向きにすると一寸猛々しくなり安息の場所には相応しくなくなる。 

DSCN3707

ツツジ園、プール・池を配した芝生広場の周りに幾つかの棟(殿)が散らばって

いるが、各棟は渡り廊下で繋がっている。廊下と言い本殿と言い昔の造りで

あるから天井などは張られておらず、”ちょうな” で削った不規則な形の梁が

露出している。

DSCN3684

 渡り廊下の外には南天、梅、百日紅などを配した小さな庭園もあるが、

昔の殿様は奥へ渡るのも結構寒い思いをしたのだろうと偲ばれる。 

DSCN3680

さすがに宿泊棟には天井が張られていて部屋の中の設えは一流のシティー

ホテルのそれで廊下も暖房されている。そう云う意味では現代の客は昔の

殿様以上の扱いである。 ただここはあくまで「殿中である」編み足袋・スリッパ

は与えられるものの靴は玄関で脱ぎ置いている。

DSCN3676

部屋の前は庇・藤棚下の板張りから直接芝生庭園に続いている。 

DSCN3672

さすがに棚には葛では荒荒らしすぎるのか藤棚になっている。 

DSCN3701

勿論部屋には立派なバスルームがあるがやはり寒い渡り廊下を通って

大風呂に行く人が多かった。 

DSCN3677

2階から見ると立派な甍の続きで城郭を思わせる造りである。 

DSCN3682

話題も情景もガラッと変わるが部屋から食事処へ渡るにはどうしても2階

ホールを通らなければならない。ここではがらりと21世紀にスリップする。

前にも記したがここはトルシエ率いる”侍ジャパン” が籠城した場所である。

森に囲まれたサッカーグランドを持ち、城郭には外部から入りこむことが出来

ないこの場所は秘密作戦の訓練場には最適であった。軍団はここに籠城して

秘密作戦を立てて秘密裏に特訓をしていたのだ。

今はさらにPGAのメジャー大会も開催される付属のゴルフ場を有しているので

この通路ホールにはサッカーのワールドカップやゴルフのメジャー大会の記念

グッズが展示されている。

DSCN3689

中田選手やトルシエ監督の必勝連判状が飾られている。 

DSCN3686

侍たちの懐かしいユニフォームや公式ボールなどもある。 

DSCN3687

それと並んで変わったランプシェードが展示されていた。地元の作家だろうが

土器の形はまちまちで古代から未来に通じるようなデザインが並んでいた。

それぞれ私には手が届かない結構な額の値札も添えられていた。 

DSCN3688

 







Last updated  2011.12.22 09:57:57
コメント(3) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:ホテル・葛城北の丸(12/22)   みやこ(Miyako) さん
とてもホテルだとは思えません!
宿泊中は、お殿様やお姫様になった気分が味わえそうですね。
そう言えば、こちらにもホテルになっているお城もありますが、
ありふれているせいかあまり何とも思わないですが、
日本にはこんなホテル本当に珍しいですよね。
とても興味深かったです。

(2011.12.23 05:10:45)

Re[1]:ホテル・葛城北の丸(12/22)   rakuten0811 さん
みやこ(Miyako)さん
>とてもホテルだとは思えません!
>宿泊中は、お殿様やお姫様になった気分が味わえそうですね。
>そう言えば、こちらにもホテルになっているお城もありますが、
>ありふれているせいかあまり何とも思わないですが、
>日本にはこんなホテル本当に珍しいですよね。
>とても興味深かったです。
-----
建物自体は新しいので殿様気分は無理ですが昔のお城建築ではアメニティーに欠けるので仕方が無いですね。そこに行くと古城ホテルはエヤコンなどどうなっているのでしょうか。
(2011.12.23 14:53:29)

Re[2]:ホテル・葛城北の丸(12/22)   みやこ(Miyako) さん
rakuten0811さん

すいません。
古城ホテル泊まったことがないのでわかりません。
でも、イギリスの一般民家にはエアコンは備わっていないので、
たぶん、古城ホテルにも備わってないのではと思います。
(2012.01.01 06:50:40)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.