743401 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愈々庵気まぐれ日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

Recent Posts

Freepage List

Calendar

2012.11.19
XML
テーマ:国内旅行(1024)
カテゴリ:紅葉
   河岸段丘とグリーンピア

  • 突然であるが「河岸段丘」についてまとめる。大きな川が山に挟まれて

  • 流れていると水で浸食された土が堆積して平坦な地面が出来る。河口で

  • あれば砂州となり平野となり農地や都市がそこに位置することになる。
    山あいでは台地が出来上がり中央を侵食力を失った静かな川が流れる。
 
   そこで川上で火山活動などにより土地が隆起すると流れは再び急となり
 
   浸食力を取り戻して大地を削って崖の上の大地が残る。これが繰り返されると
 
   階段状の台地が出来る、これが河岸段丘である。
   
   津南町はこの河岸段丘の面積が日本一だそうだ。信濃川とその支流の
 
   中津川による度重なる堆積・浸食の繰り返しで9段の段丘が有り、平らな
 
   台地は農耕に適するため農村集落を育んできた。その一番上段で9段目に
 
   かっては集落が有ったが深い雪に閉ざされるため過疎が進み散村化した。
 
   その跡地にグリーンピアが設置された由である。広大な敷地を持つ理由が
 
   よく理解できる。小さくてよく見えないが下の絵で手前が中津川、鉄道に
 
   沿った流れが信濃川、そして右上の隅に「グリーンピア」の文字がある。 
  • 津南町河岸段丘.JPG津南町HP


  • この9段目の段丘に広がるグリーンピアの施設は今(11/7)紅葉の

  • 真っ最中である。

  • P1020358_R.JPG

  • 燃えるような或いは薄紅色のモミジ、

  • P1020359_R.JPG

  • 落ち葉は芝生を赤く染め、

  • P1020361_R.JPG

  • 水はモミジとしぐれ模様の空を映し、
  • P1020360_R.JPG
  • 岩の向こう側のススキは岩から生えているようで、
  • P1020362_R.JPG

  • P1020363_R.JPG

  • 大葉の黄モミジには透明感が、

  • IMG_0194_R.JPG

  • 草モミジに変色し始めた芝生園に描かれた曲水の流れ
  • IMG_0204_R.JPG
   宿泊客の9割以上は高齢者とてしぐれ模様に屋外には出ない、
 
   だだっ広い園に人影は見当たらずベンチも寂しげである。
  • IMG_0209_R.JPG






Last updated  2012.11.19 08:52:36
コメント(0) | コメントを書く
[紅葉] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.