740075 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愈々庵気まぐれ日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

Recent Posts

Freepage List

Calendar

2016.09.15
XML
カテゴリ:自然
函館への旅行2日目この日は函館本線で森へ出て帰りは鹿部周りの函館本線
支線に乗って帰るという駒ケ岳を一周、360度の汽車の旅を計画していたが
あいにくの曇り空で山は見えない。
この汽車の旅は
ツインピーク駒ケ岳の刻々と変わる山容を楽しむものであるが
曇り空ではどうしようもない。帰りの鹿部周りの汽車は早朝と夕刻の通勤時間
以外は昼間一本しか無くうっかり旅を始めてしまうととんでもないことになり
かねない。
先日男の子がしつけと称して親に車から降ろされ、親が戻った時に子供の姿
はなく、男の子は4日後に自衛隊の演習施設で発見されたという事件があったが
あれは鹿部の駅からそう遠くない場所である。

あいにくの空模様であるがそれでも大沼公園は素晴らしいので湖の散策を
することにして出かけた。人影のまばらな静かな湖水巡りは素晴らしいが
足に問題のある我々にはよく整備されているとは言えきつい足元である。

季節はずれの気もするがここではまだハスの花が見事である。



赤い木花が美しい、多分マユミの花と実であろう。

これはハマナスだろう。

水辺に咲くヤナギランに似た植物、葉は柳に似ているが花穂の先端が尖って
いないのでヤナギランではないのかもしれない。ヤナギランはアメリカで
山火事の後すぐに生えてくるのでfire weedの名もあり乾燥に強い、これは
水辺の草なのでやはり違うのだろう。そうなるとミソハギかエゾミソハギ
だろうがその区別は分からない、北海道なので後者にしておこう。

島伝いの太鼓橋がかけられていて美しい沼景色を眺めながら島巡りができる。

ここの紅葉は素晴らしいものであるがなかなかベストシーズンに巡り合えた
ことがない。

最近橋が架け替えられてみな白くなっておりちょっと興ざめである。
ぜひまた赤い色にしてほしいものである。






Last updated  2016.09.15 11:03:19
コメント(0) | コメントを書く
[自然] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.