743414 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愈々庵気まぐれ日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

Recent Posts

Freepage List

Calendar

2016.10.28
XML
テーマ:国内旅行(1024)
カテゴリ:国内旅行
東照宮に入るとすぐにある神厩舎には有名な三猿の彫刻、これまた修復中とてレプリカが
飾られている。ガイドブックに記されているのだろう外国人観光客も皆足を止めている。


若い人は決まって猿真似の写真を撮る。香港かシンガポールからと思われるお嬢さんが可愛い
のでついシャッターをきってしまった。グラスマークをつけて掲載させていただく。







もう一つの超有名作は眠り猫、団体客への説明を漏らし聞くと、この子猫は爪を隠している
のに大きな意味があるのだそうだ。


と言うのは子猫の裏側は子雀の彫刻で、猫は詰めを隠してスズメを狙わず、それは戦いの
ない世を象徴しているらしい。小雀は逃げているようにも見えるが説明はそうなっている。


外に出ると美しい五重塔がある。例によって東京スカイツリーで有名になった心柱が見える
というので別料金を払った。
 

裏側に回ると一階部分には金箔で装飾された心柱と数体の仏像が祀られているがここでは
写真は撮れない。

地表レベルに降りて縁の下を覗くと確かに基礎石の上に中ずりになった心柱の先端が見える。
うまく写真が撮れないがここは撮影OKなので数多く打ってみた、数撃ちゃ当たるの通りその
一枚が下の写真。表の切符売り場にあった写真が下のもの




混雑の境内を抜け脇参道に戻ると苔むした石垣が日に浮かんで美しい。 







Last updated  2016.10.28 17:41:21
コメント(0) | コメントを書く
[国内旅行] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.