000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愈々庵気まぐれ日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

Recent Posts

Freepage List

Calendar

2016.11.12
XML
テーマ:紅葉(684)
カテゴリ:国内旅行
今年はまだきれいな紅葉風景を目にしていない、そこでカレンダーと週間天気
予報をにらめっこし、シニア特権ウイークデイを見計らって山中湖のホテルを
予約した。前の週に計画したが天気予報が悪く、一週間遅らせての実行である。
富士山麓なら標高を変えればどこかで紅葉最盛期に出会うだろうと思った。

結果的に予報は見事に外れ、曇りや雨の旅であったが、今年の秋色はどこも
1週間遅れで今回の旅で一番標高の高い山中湖周辺がそのピークであった。
この時期富士五湖地方は外国人観光客であふれ、ウイークデイにもかかわらず 
4日前では山中湖へのバスは予約が取れず、新宿から箱根行きのバスで御殿場
乗り換えで山中湖へ向かった。空はドン曇りで暗く寒い日であったが明らかに
富士山麓を 巡るように走るバスの窓からはぼやえた富士山の全景が望めた。 


静岡県と山梨県、古くは駿河と甲斐の境、籠坂峠辺りは程良く色ずいている。


峠のすぐ下は山中湖村の旭ケ丘で、辺り一帯は別荘村で一大観光センターとも
なっている。ここではKABAバスと称する水陸両用の観光船・バスが運行され
ている。

 
湖畔には遊歩道があり、一帯は美しく紅葉していて私が今年目にした中では
最高の景色であった。




紅葉や松の樹間からは曇天で輪郭がはっきりしない中、森林限界まで降りて
きた積雪の雪化粧の富士山がどんと構えている。




湖岸に直交した形で別荘地が広がり、その細道は秋色に満ちている。






湖岸に沿った園地の木々も赤・緑取り混ぜて良い色付きである。




驚いたことにそぞろ歩く人もレストランでも大半はアジアの人々である。
誠に結構なことであるが日本語があまり聞こえてこないのに変な気がした。







Last updated  2016.11.12 15:37:26
コメント(0) | コメントを書く
[国内旅行] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.