740003 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愈々庵気まぐれ日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

Recent Posts

Freepage List

Calendar

2016.11.14
XML
カテゴリ:自然
2016年11月14日

今日の天気予報は最低だが夜晴れの奇跡を期待していたが日暮れとともに雨が降り出した。
残念!! 今夜はスーパームーンなのに!!

スーパームーン、 以前聞いた記憶はあるが何のことやら知ってはいなかった。
早速いつもお世話になっているwkipediaを開いてみた。今晩は月が大きく見えるのだそうだ。 
こんな身近な存在なのに何も知らなかった月のことを調べてみた。 
勿論知ったかぶりをしてこの記事を書くつもりはない。ここに記す内容はすべてwikipediaで
知ったもので、あくまでも自分の記憶のためのノートである。

基本的は事象も知らなかったが月の軌道は 今までほぼ円だと思っていた。しかし近点が
約36万3千キロ、遠点は約40万5千キロの楕円軌道だそうだ。そうなると近い時は
大きく見え、遠いときは小さく見えるのは道理である。
Wikiで比較写真を二つ並べられるとはっきり分かるサイズ変化である。
(Wikipeddiaより)(Wikipediaより)


  今日のYahoo ニュースでは今年一番小さく見えた4月22日と今夜の
  スーパーヌーンの比較図が明示されている。  
  

(Yahoo ニュースより)

またスーパームーンはほぼ毎年やってくるがその日付けはかなり移動し、ない年も
あるみたいである。さらにスーパームーンは毎年同じものではなく、今夜のように
35.6万キロまで近づくのは68年ぶりだそうである。そうなると返す返すも今夜の雲が
恨めしい限りである。もっとも天気は地球規模で見れば非常にローカルなものなので
いろんなところからWebで映像がライブ投稿されるみたいである。

もう一つ分かったことは私たちは地球上から月の裏側を見れないと教えられてきて、いつも
同じ模様しか見ていないと思っていたが、実は地球の公転面(黄道面)と月の軌道面は
約6°傾いているため地球の黄道面の上に来た時と下に来た時では月の表面で左右8°くらい
違う月の景色を見ているのだそうだ。もっと厄介なことは月は一定の傾いた軌道上を行くの
ではなく、ちょうど駒の回転のように歳差運動というあの駒が肩を揺らして回転しながら
自転運動するのと同じ動きをしているのだという。


昔から月を固定された模様としてみていた私はおバカさんで、月の景色も広がりも一時として
同じではなく無常なのである。やはり修行が足りないみたいである






Last updated  2016.11.14 18:23:07
コメント(2) | コメントを書く
[自然] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.