743528 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愈々庵気まぐれ日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

Recent Posts

Freepage List

Calendar

2017.04.08
XML
前ブログにも書いたが間違った標本木の選定で世間を大いに惑わせた
東京のソメイヨシノも開花宣言から3週間近くたって昨日今日あたりは
都内全体で満開を迎えている。
そうなるといつものことだがここ2,3日は風が強く
そして昨日あたりから雨や曇りで天気が良くない。
春は天候の変化が大きい季節であるから当然のことであるが、
なぜか桜梅雨とは言わないで菜種梅雨と言う。また筍梅雨などとも言うそうだ。
日本人は何が何でも桜に汚名は着せないらしい、せいぜい花曇りに留めている。

今我が家のバルコニーから下を見ると石神井川の両岸を染める桜の洪水である。
また天邪鬼の始まりであるが、こんな時こそ植えた記憶がない花壇に自生している
花を記録しておくことにする。
いずれも種が購入した草花についてきたか、土についてきたか
あるいは最も可能性が高いのは野鳥が運んできた物であろう。


タツナミソウ、
白花も脇にあるが私は青花が好きだ。ただ名前の起こりは白い波頭の波(立浪)から
きているので白が元祖タツナミソウなのだろう。
確かにこの花から連想されるのは北斎の神奈川沖浪裏である。


スノ‐フレークはスズランに酷似しているが花びらの斑点がかわいい。
もう時季外れで行き遅れた株の子供達である。


花壇では肩身が狭いらしく草花の影にひっそり咲いていた。
その可憐さに対し、あまりのもひどい名前であるが、オオイヌの***の*は
その種果の形からきている。せめて子犬の***にしてほしかった。


ヒメオドリコソウ、
この花も拡大するとオーキッドそのものに見える。
なぜかこの花はたいていホトケノザト共生していることが多い、
この花壇でも先日まで生えていたが季節の草花に植え替えた時に始末したのだろう。


黄花オキザリス。
ある年は花壇いっぱいびこったり、ある年は今年のように稀にしか出てこない。


オキザリストライアンギュラス。
花は可憐であるが葉っぱは大きな三角形、名前も葉の形からだろう。


スイセンアヤメ
これもどこからか迷い込んだ可憐な花である。調べてみると和名は水仙アヤメだそうだ。
南アフリカの植物で学名はSparaxis、水仙アヤメの漢字を調べると水仙菖蒲水仙文目が出てきた。
菖蒲をあやめと読むのもびっくりしたが、あやめが文目と書くことにもっと驚いた。
「あやめ」は模様、道理などを意味するらしいが、いずれも”判らず”とか
”知らず”などを伴って否定的に用いられるらしい。
それにしても花のアヤメは模様がはっきりした花なので文目と綴るのは何かの間違いから
始まったのだろうかと思ったがこれは花ではなく葉っぱの模様からという説もあるそうだ。


ムラサキサギゴケ
ちょっと貧相であるがムラサキサギゴケ。花がに似ているからと言うが想像しがたい。
それにしてもなぜ語尾に苔(コケ)の名がつくのだろう。

8階のルーフバルコニーにある猫の額ほどの花壇であるが
ここもなかなか地上の草の世界と隔絶とはいかないようである。






Last updated  2017.04.08 17:55:25
コメント(2) | コメントを書く
[野山、植物園、花壇の花] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.