743249 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愈々庵気まぐれ日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

Recent Posts

Freepage List

Calendar

2017.07.29
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
雨上がりに植込みの手入れをしていた相棒が変わった姿の虫がうじゃうじゃいると驚きの声。
見に行くとアリッサムの葉っぱの上に文字通りうじゃうじゃいるのは下の写真の虫。
最初は孵化直後のテントウムシだろうと考え、あとで調べようと記録したのが下の写真である。
アリッサムの上にだけいるのはたまたまここに卵が産み付けられたのか、
あるいはアリッサムに特異的な虫なのかと考えた。


大きさは5ミリ位で生れたてと思しきやや小型で黄色っぽいものからくろっぽい大人まで混じっている

その形がテントウムシと言うよりはカメムシに近いので検索してみると「ナガメ」
と言うカメムシの一種であることが分かった。
あまり個体への攻撃を加えなかったためか、あのカメムシ特有のガス弾はこうむらなかった。
むしろ手を近づけると腕に乗ったり飛び去ったりしていった。


中には周りを気にせず仲睦まじくデイト中のカップルもいる。


実はこのアリッサムの株は数日前から葉っぱに白い斑点ができだして勢いがなくなっていた。
           調べてみると葉っぱの根元から葉脈の液を吸うのだそうで、
そのあと葉っぱに白い斑点ができると記載されている。
これでやっとこれまで知らなかった虫の名前と
アリッサムの白い斑点の原因を突き止めることが出来た。
ただ動きが激しくてピントが合う前に動いてしまうのでどれもピンボケ写真は残念。


ナガメとほとんど同じ生体でやや小型の「ヒメナガメ」と言う虫がいるそうだ。
ネットでは外見からほとんど区別がつかないと記されているが、
多数の画像を比べてみると肩の斑点の数が違っている。
ナガメは2個の黒い紋を持つがヒメハガメは6個の黒点を持っている。
これらの模様はどう考えても戦国武将の鎧に見える。
これに似た鎧を備えた例として上杉謙信他の武将の鎧が見つかった。


ちなみに「ナガメ」の名は菜の花にたかるカメムシから来たそうである。
日本人得意の短縮名らしい。
また水中昆虫の「タガメ」があるがこれは「田んぼのカメムシ」に由来するそうだ。

今回初めて知ったナガメであるが岐阜大学虫撮る人々
など多くのホームページに感動的な孵化の写真がある。






Last updated  2017.07.29 11:45:13
コメント(1) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.