728675 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愈々庵気まぐれ日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

Recent Posts

Freepage List

Calendar

2019.04.08
XML
カテゴリ:花見見物
今日4月8日は花まつり、お釈迦様の誕生日である。
仏教では儀式・催しはすべて**会と称し、「祭り」と称するのはこの
「花祭(灌仏会)」だけらしい。お釈迦様の誕生日であるから
宗派に関係なく祝われる。寺ではお釈迦像に甘茶をかけて祝う。

ふとベランダから下を見下ろすと満開の桜、この辺りでは都心より遅れて今が満開である。
我が家を中心にして石神井川に沿って約二キロの河畔は樹齢40-50年の桜並木が続く。
歩道や河川敷が広く、屋台一つ無い通りはそぞろ歩きや花見遊山に最適で
好天に恵まれた昨日の日曜日は地元の花見客でにぎわった。




毎年同じ景色で代り映えはないが、それでもやはり年一度は記録に留めておかなければ
なるまいとこの稿をアップすることにする。



例年だと写真右側の開花が早いが今年は逆で左側が早かった、私の記憶違いかもしれない。

 

都市部の川とて多くの橋が架かっており橋上からの両岸から水面に向かって
垂れ下がった淡いピンクの景色はあえて言えばあの目黒川より数十倍風情がある。


桜の枝を透かしてのY字型の「三合橋(見合い橋)」もなかなかの風情である。

 

遊歩道の上を渡り河川敷に垂れ下がる桜木はまさに絢爛


まさに桜花のトンネルをくぐっての散歩は気持ちがいい。




今年は早く開花宣言があったがそれはあくまで靖国神社の標準木の話で
こちらでは約一週間遅い。

私の小学校(国民学校)の入学式は昭和18年4月8日、
その頃は全国ほとんどの学校はこの日が入学式だったようだ。
そして国語の教科書第一ページは「サクラ サクラ サクラガサイタ」
(当時はまずカタカナを習った)。そうして入学式には桜の花が咲いていた。
近年サクラの開花が早まり卒業式の花になってしまっていたが
今年は久方ぶりに桜の下での入学式である。
なんだか嬉しくなってしまった。






Last updated  2019.04.08 16:18:34
コメント(0) | コメントを書く
[花見見物] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.