741151 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愈々庵気まぐれ日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

Recent Posts

Freepage List

Calendar

2019.12.09
XML
カテゴリ:都内散歩
​​百年に一度ともいわれる渋谷の街の愛憎が改装が進行している。
​​​​東横線のターミナル駅がなくなり、どの路線が皆地下にもぐってしまった。
東横デパートがなくなり(?)そこに47階建ての駅ビル・
スクランブルスケアが出来たことである。


(入場券)

新宿や六本木と違って数年前に買い再開発されたヒカリエの他に
あたりに高いビルがないため、今のところやけに目立った存在である。
我が家からは直線で12キロ余り離れているが途中遮るものがあまり
ないため建設中からその進捗具合は手に取るように見えていた。
そのスクランブルスケアは先月から営業開始で屋上展望
台は先月一杯は
Web予約のみに限られていたが12月から予約なしでも入場できるようになった。
47階でオープンエアーとなれば強い風が予測できるの、
無風で温暖な日があれば早く出かけてみたいと思っていた。
12月5日がその日であった。

我が家から小型デジカメで撮った写真を示すと、野外展望台の階段が見える。
左側の真ん中に白い線の見えるのは渋谷ヒカリエで、白い煙突の左で
ちょっとだけ見えるのは東横線の駅跡に建ったシブヤストリーム。


同じく我が家からの夜景であるが、新しいせいか界隈では一段と明るく照明
されている。年末だけなのかどうかは知らないが時間変化のある
結構派手なイルミネーションである。






外に出るためには帽子や鞄の類、やしっかり首ひもの付いていない
小物は入り口のロッカーに預けさせられる。


(home pageより)

入場フロアの上階にはぐるりと一巡できる展望回廊があり、
西北のコーナーには大きな階段広場がある。
更に上階のオープンエヤーの展望回廊へは左側のエスカレータで登委る。
そしてぐるっと
時計回りに屋上回廊があり、右側のエスカレーターで
降りるようになっている。



それらのエスカレーターもオープンエヤーでガラス壁の外はもう空中であり、
その迫力は王想像以上である。白状すると私は遠くの景色を
眺めているのが精いっぱいであった。




屋上回廊もオープンエヤーで写真を撮るためにはガラス癖に近寄らなけれが
反射像が写るのでカメラを壁に接するのだが、新らしいガラス壁が透明すぎて
手探りでガラスを探すことになる。
このフロアーにはソファ・テーブルコーナーが有ったりまたロープの網で出来たハンモックなどがある。



その屋外回廊から階段広場を上がると非常時ヘリポートとなる芝生広場になる。

(home page より)

ふかふかの人工芝が引かれ敷かれておりこの日は風も穏やかだったので
街の上に上がった凧に乗った気分である。


芝生広場の横にはロープで編んだ網のハンモックがあり、夜空を見るには
最高だろう(もっとも東京の夜空ではほとんど星はないと思う)。


テレビでは駅前の五差路が目下に見えると報じているが
そんな映像を撮るのはかなり職業魂にたけた人達かだろうか。
あるいは特殊なスポットがあるのだろうか。
警備の人たちはカメラはガラスの外には出さないでくださいと絶叫している。
私の腕では下の写真が精いっぱいである。ガラスからは少し離れているので
ガラスに移りこんだアバックの影が写りこんで邪魔である。
下の写真の左に写りこんだビルの高さを予測してその像を高さを考えれば
今自分が立っている空間の高度が想像できる。


実を言うと無風のこの日を選んで決行したものの私自身の体調は
この日必ずしも優れなかった。あまりガラスに近づくとめまいが眩暈が
しそうで存分には楽しめなかった。
2000円は懐を痛めるが機会をとらえて捉えてまた行きたいと思っている。






Last updated  2019.12.09 10:38:18
コメント(0) | コメントを書く
[都内散歩] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.