731090 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愈々庵気まぐれ日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

Recent Posts

Freepage List

Calendar

2020.03.30
XML
カテゴリ:主張
とにかく大変な勢いである。
テレビ各局も朝から晩までコロナ、コロナ、今まではこの言葉に好感を
持っていた人が多かったのに一挙に悪玉になってしまった。
何時までも新型と言っていられるか分からないので日本もそろそろ
COVID19に慣らしておかなけれないけないだろう。
桜も異常に早い時期だがコロナに引っ張られてやってきた。
花見に浮かれている場合ではないがここは都心と違って花の量は多く人は少ない。
今年もコロナに合わせて桜が咲いた記録を残すべく敢えて本項を残すことにする。



石神井川河川敷 3月26日



土曜日の人出もこの通り 3月28日



人に見られなくとも務めは果たしている



都心の有名な花名所にもない見事な花の下の遊歩道



いつもはさえない灯篭型照明もこの時期は桜と良いハーモニー



味気ない橋の欄干も何となく風情を感じる


花の命は短くて 少しの風に漂う花吹雪

今週は東京に爆発的感染拡大 Over Shoot が危惧される
後者の言葉は市民には不評のようだ

私は専門家ではないので想像ではあるが、”Over Shoot"は多分
感染症の専門家から出た専門用語なのだろう
バスケットボール、サッカーのリング、ゴールポストを考えてみる
リングなら一度に一球、ゴールポストもキーパーは一度に1球しか対応できない。
10球も100球も一度に投げ込まれたらいわゆる防御崩壊である。
要するにスポーツでいえば攻撃側用語は「爆発的感染拡大」
守備側から見ると「オーバーシュート」
オフェンス側から用語が無かったのででデフェンス側
からの用語を使ったまでであるが、専門家は
あくまででデフェンス側の人たちなので当然の結果である。
「爆発的感染拡大」では医療側からの観点を欠くかもしれない。
​厚労省の担当者も「一般的に分かりづらいのは確かだが、
日本語で正確な意味を伝えにくく、適切な表現が難しい」と述べているそうだ
​​

あまり目くじらたてずに両方受け入れるのが良いと思う。







Last updated  2020.03.30 16:59:53
コメント(2) | コメントを書く
[主張] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.