000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愈々庵気まぐれ日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

Recent Posts

Freepage List

Calendar

2020.06.14
XML
梅雨に入り気負いずくのは草花である。
ルーフバルコニーの西面は冬季強風のためアクリル板を付けてあるが
そこに這わせたネットにアメリカ(琉球?)朝顔が勢揃いした。
正確に言うとデビューしたのは一週間ほど前だが数日は1,2輪に
過ぎなかった。やはり梅雨が引き金のようだった。


大輪で鮮やかな紫色、そして淡い透き通るような上品なピンク、


一株だけ斑入りの白花が混じっているのは突然変異だろうか。


バルコニーの南面には上品さに欠ける赤の山ユリも来た、
やはり百合の花は白くなければ価値は下がる。
コロナウイルスではないがこの花のわが家への経路は不明である。



隣にこれも新顔で由来不明のフランネル草が一株、
その色に似合わないい静かなたたずまいである。


東側ベランダにも洋種朝顔が咲き始めた、
階下の遊歩道が最近赤いアンツーカーに代わってしまった。
以前のレンガ敷が良かったが桜木の根が張って
歩道を持ち上げてしまうのでこの始末。


          いずれにしてもいよいよ梅雨本番である。






Last updated  2020.06.14 14:46:39
コメント(0) | コメントを書く
[野山、植物園、花壇の花] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.