729729 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愈々庵気まぐれ日記

PR

全101件 (101件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 11 >

野山、植物園、花壇の花

2018.02.24
XML
今年の東京ドーム世界蘭展では「アフリカの蘭」のコーナーがあった。
コーナー全体が赤い照明で少しおどろおどろしくしてあるのは理解できないが、
「ダーウィン・蘭・昆虫」の見出しに惹かれて入ってみた。
アフリカの蘭と銘打っているが展示されているのはマダガスカル島のものである。
マダガスカルはアフリカ大陸に近いがもともとはインド大陸から分かれたとの説もあり … [続きを読む >>]





Last updated  2018.02.24 14:28:44
コメント(2) | コメントを書く


2018.02.23
世界らん展ともなると私たちが日ごろ花屋で見かけないものが多く展示されている。興味の向くままに撮った写真を載せておく。

名前は分からないが房状に集まった蘭らしくない黄色い蘭はこの展覧会で
いたるところに見られた。右側のも小さな花でまるで草花のようだ。 
典型的な小さめのオーキッドだが雑草的オリズルランの葉っぱに埋もれたディスプレイが新鮮。 

次の … [続きを読む >>]





Last updated  2018.02.23 16:17:34
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.19
天野尚さんはリスボン海洋水族館の依頼で、そこに長さ40mという世界最大の水槽造り、
そこで「ネイチャーアクアリウム」を具現化している。
​記録映像​を見るとそれはもう巨大な装飾建造物である。


天野さんのネイチャーアクアリウムの概念をミニモデル化した過程が
下の4枚の画像である。

基盤の上に、
枯れ木などをセットし、
水草をはやして、
さらに苔や水草 … [続きを読む >>]





Last updated  2018.01.19 12:38:44
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.18
いろいろあって準備されたまま放置されていたが昨年12月に後楽園ドームシティーで
催されていた天野尚「ネイチャーアクアリウム展」の報告ブログを残しておこう。

天野尚氏はプロの競輪選手として活動しながら水草栽培や自然の写真撮影に取り組み、
1980年代になって故郷の新潟に「アクアデザイン・アマノ」を創業している。
以後、特製大判カメラによる風景写真やネイチ … [続きを読む >>]





Last updated  2018.01.18 18:23:57
コメント(0) | コメントを書く
2017.11.30
大宮氷川神社の裏側には大宮公園がある。
ここは春桜の名所で、広場全体にソメイヨシノの古木が多く花見の宴会の場である。
公園に桜があれば紅葉もあるだろうと安易に考えて出かけたがここには
モミジはほとんど見かけなかった。日本人の愛する桜やモミジは人工林であって
自然のものではないことがよくわかる。
要するに桜やモミジは植樹されたところにしかないというこ … [続きを読む >>]





Last updated  2017.11.30 12:13:40
コメント(0) | コメントを書く
2017.11.05
文化の日を含む三連休の中日、好天気も今日の日中までということで
近くの光が丘へに散歩に出かけた出かけた。
散歩といっても行きはバスを使い公園と団地内にあるバラ園が目的。
そこには二つのバラ園があって今までにも度々このブログに登場している。
どちらのバラ園も春も溢れんばかりの花のボリュームであるが
秋はどちらかといえば控えめに咲いている。





… [続きを読む >>]





Last updated  2017.11.05 16:01:45
コメント(0) | コメントを書く
2017.09.10
いつの間にか9月もだいぶ消化されてしまった。
年とともに出不精になりブログの材料に事欠くようになってくる。
そうなるとやはり自然の野花はありがたい存在である。
とはいってもまだ野花には夏の盛りを引きずっているものが多い。

カンナと聞くと我々古い人間は高峰三枝子さんの歌う『南の花嫁さん』が懐かしい。
曲はパクリらしいが太平洋戦争真っ最中の歌である。
… [続きを読む >>]





Last updated  2017.09.10 17:11:13
コメント(2) | コメントを書く
2017.08.15
先のブログで我が家の花壇に咲く珍しい花の代表としてハツユキソウと
ショウジョウソウを紹介した。今回は珍しくはないが気に入っている二、三鉢を紹介しようと思う。

台湾レンギョウとも称せられる盛夏の前後に咲く実に高貴な紫の花をつける
熱帯性の植物である。園芸店ではジュランタタカラズカの名で売られている。
≪タカラズカ≫は多分宝塚歌劇団の制服であるあの紫の … [続きを読む >>]





Last updated  2017.08.15 12:24:58
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.13
ベランダの植え込みに植えてあるトウダイグサ科のハツユキソウ(初雪草)と
ショウジョウグサ(猩々草)が色付き始めた。
両者とも光周性を示し、短日性の植物で日照時間が大分短くなった今頃から色づき始める。
短日性と言っても植物の種によってまちまちで日照時間が短ければいいというものではなく、
ある意味で夏至から冬至に至る間に咲き始める植物はみな短日性と言え … [続きを読む >>]





Last updated  2017.08.13 12:08:01
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.16
梅雨入りして久しいのに関東では今年はまだ街舞った雨が降っていない。
多くの場合梅雨入り最初の一週間と最後の一週間は雷を伴った大量の雨が降るものだが
それがないので最後に纏まって大雨となり災害をもたらさないか心配である。


今は散歩道いたるところにアジサイが咲いている。
空梅雨でも季節に忠実なのはアジサイの花、たしかこの花の学名は水の入れ物を
意味 … [続きを読む >>]





Last updated  2017.06.16 10:12:18
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全101件 (101件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 11 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.