731342 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愈々庵気まぐれ日記

PR

全101件 (101件中 91-100件目)

< 1 ... 5 6 7 8 9 10 11 >

野山、植物園、花壇の花

2014.05.09
XML
&nbsp;   春の屋上花壇    中学校のフラワーロードを通って帰宅して見ると、我が家の屋上花壇が    花盛りである。いつもの年なら今頃はもう花壇いっぱいにゼラニウムの花が    咲き乱れているが丈が大きくなりすぎたので昨年秋にばっさりと茎を短くした。    今年の冬の寒さは特別でこの花には春はまだまだの様である(連休のため    1週間以上投稿が … [続きを読む >>]





Last updated  2014.05.09 09:53:09
コメント(0) | コメントを書く


2014.05.08
道端のFlower road
「照姫まつり」の帰途、我が家の近くにある中学校グランドのネット裏に花壇がある。歩道脇にPTAが管理しているものでその多くは多年草の花である。都会の学校の校庭はたいてい高い柱とそれに張り付けた緑のネットがある。野球のファウルフライがグランドから外へ飛び出さないためである。そのネットに這わせたモッコウバラが咲き始め、花壇は今が一年中 … [続きを読む >>]





Last updated  2014.05.08 09:39:16
コメント(0) | コメントを書く
2014.04.27
八重桜あれこれ
新宿御苑には多くの種類の八重桜があるので有名である。株数が多いのは関山・一葉で実際品格は一番すぐれていると思う。他に写真メモを撮っただけでも 松月 江戸、朱雀 福禄寿 駿河台匂 大山桜、ウコン桜等それぞれ特徴と分類上の重要性を持つ品種である。特に駿河台匂は珍しく芳香を発する桜で近ずくだけでほんわりとした香が漂ってくる。残念ながら画像 … [続きを読む >>]





Last updated  2014.04.27 12:03:16
コメント(0) | コメントを書く
2014.03.11
まだかまだか今年の春・3月11日
今年もまた3月11日が巡ってきた、当然ながら計画は計画で復興は進まない。想定外の災害で想定外の復興計画なのである面で仕方がない。「心から同情、心ばかりの心情的・経済的援助」をして過ごさなければならないわが身が恨めしい。故郷を無くした人に追いうちをかけて心苦しいが、原発中心はほぼ永久に人が住める街に戻ることはない。鎮 … [続きを読む >>]





Last updated  2014.03.11 11:02:37
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.26
光が丘公園・成増飛行場跡
いつもの散歩は石神井川沿いか石神井公園に向かうことが多いが、連休明けの一日この日は少し遠出して光が丘公園に足を伸ばした。公園までは徒歩約30分弱、公園の向こうの端まではさらに十数分かかる。かっては何時も往復とも歩きであったがこの日は片道バスを使った。
光が丘公園は広大な光が丘団地に隣接した都立公園で、都立公園としては有数の … [続きを読む >>]





Last updated  2013.09.26 15:46:54
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.05
     風船カズラ

暑い夏とて外出も少ない、とたんにブログネタが尽きてくる。身の回りで何か探してみよう。
我が家は8階に位置するため強風が吹き、育つ植物は限られてくる。今年はバイオカーテンを計画してハヤトウリを植え、日陰と瓜の一石二鳥を目指したが春先の勢いはどこえやら、大きくて厚い葉っぱは風に弱く、全て枯れてしまった。
今は鉢の傍らに植えておい … [続きを読む >>]





Last updated  2013.08.05 14:33:51
コメント(1) | コメントを書く
2013.07.27
テーマ:国内旅行(1009)
霧ヶ峰・ホテル周辺の花ほぼ一日中部屋にいたので夕食前まだ日の残るホテル建物の周りを歩いてみた。
Skypark Hotel、日本語に直せば「天空の園ホテル」となり、壮大な名である。ヨーロッパの山城には山の尾根の端に建つのがよくあるが、そう云う所は三方を谷や川で囲まれ防御だけでなく見晴らしも良い。
(パンフより)
日本ですぐ思い出されるのは竹田城、津和野城、まだ … [続きを読む >>]





Last updated  2013.07.27 10:01:10
コメント(2) | コメントを書く
2013.04.13
観蔵院庭園
桂文治落語会については前回のブログに記した。その落語会は練馬区にある観蔵院ニ併設された曼陀羅絵美術館で行われた。私は以前から散歩の道すがらここを何度も通ったことが有り、前々から美術館を見たいと思って何度か足を運んだがその都度「開館・土日」の掲示を見て無為に帰って来た。今回はそこで何と落語を聞くことが出来た。
ここの住職は最近まで大正大学の … [続きを読む >>]





Last updated  2013.04.13 10:30:03
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.10
アネモネの避難
先々週の週末もひどい風であった、そして先週の週末も九州から北海道まで激しい風雨が来襲するので気を付けろと言う異例の早期警報が出されて多くの人が足止めをくった。昨年の3月末にも「爆弾低気圧」というのが来襲して甚大な被害を残した。
我が家のベランダは孤立したマンションビルの8階に位置し、風の強さは物凄い。我が家では一部の窓に特別のブライン … [続きを読む >>]





Last updated  2013.04.10 09:29:19
コメント(2) | コメントを書く
2013.03.29
幹からの桜花
老境に有ると自覚せざるを得ない自分が有る。人間も歳と共に皮膚はごつごつして醜くなるが桜木も例外ではない。秋田角館の樺細工(桜の皮細工)に用いられるような艶々した樹皮は若いうちだけで樹齢を重ねるとやはりごつごつしてきて荒々しいものとなる。
若木や超老木には余り見られないが樹齢30年ごろからごつごつした幹から直接花芽が出ることが有る。&rdq … [続きを読む >>]





Last updated  2013.03.29 09:45:31
コメント(1) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全101件 (101件中 91-100件目)

< 1 ... 5 6 7 8 9 10 11 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.