013911 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

やままにあ(旧)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

楽天プロフィール

設定されていません

コメント新着

どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…
らめ仙人@ 初セッ○ス大成功!! 例のミドリさん、初めて会ったのに、僕の…
開放感@ 最近の大学生は凄いんですね。。 竿も玉もア○ルも全部隅々まで見られてガ…
まさーしー@ なんぞコレなんぞぉ!! ぬオォォーーー!! w(゜д゜;w(゜д゜)w…
ヒゲメタボ@ クマたんと呼ばれてます(^^; 最近はこれが流行ってるって聞いたので …

お気に入りブログ

きらきらcleo kiekoっこさん

フリーページ

2007年02月04日
XML
カテゴリ:山歩き
先ずはちょっと恥ずかしいタイトルから説明が必要だろう・・。
広島南アルプスとは広島市内は安佐南区の武田山から佐伯区の鈴ヶ峰までの3区を跨る山群を指す。一部の山マニアの間ではこういった通称となっているようです・・。

そして今回挑戦したのはこれらの山群を全て歩いて踏破するという変態コース。名前がある山だけでも8つ、総延長約14kmのロングコースである。広島県の主なる山々は大体登ってしまったので締めの意味でも歩きがいのある企画だった。

昨年からあるメンバーで暖めてきた企画だったが、昨日やっと実施できる運びとなった。1人は生憎仕事で参加できなかったので、友人と二人で歩いてきた。

先ずは足慣らしに最初の武田山(410m)に登る。そうそう、今日の起床は5時半、、そして登山口に近い駅に7時集合・・。御一緒したganzさんが珍しく遅刻しないという縁起の悪いスタートだった。今日はきっと何か起こる気がする・・(笑)

武田山頂一帯は安芸国の守護職、武田氏の居城であった銀山城址で、往時を偲ばせる遺跡が所々にあり、沢山の人に親しまれている山である。山頂に着いたときは早朝と言う事もあって武田山からの景色にももやが掛っていた。清々しい景色にテンションも上がる。休憩も程ほどに次の火山へと向かう。

武田山頂から

次の火山へは急坂をかなり下ってまた登り返すというかなりいやらしい道が続く。こういったルートが一番足に堪える。なんて二人でぶつぶつ言いながら火山へと歩いた。
火山は神武天皇の狼煙台の伝説があり、360度見渡せる展望が素晴らしい。これを見ると先程の文句は忘れてしまう。現金なヤツだ。

火山(488.3m)よりこれからのルートを望む。コレだけ見ると広島市内だとは思えない立派な山容が広がる。

火山から

火山から下ったところで気合のポーズ。ポーズとは裏腹に眼下に広がる宅地造成の波が悲しい・・
因みに里山にはふさわしくないデカメのザックにはトレーニング代わりだと称してスノーショベルを始め、冬山フル装備が入っている。この重さが後の後悔の元に・・。

火山近傍よりポーズ

丸山へ行く道中は随所に見晴しのイイポイントがあったので景色を楽しみながら歩く。
丸山(457m)にはデカイ反射板がある。毎度これを見るとガンダムのソーラーレイ・システムとしか思えない。
ソーラーレイとは一年戦争中連邦が使用した超強力レーザー兵器の事で、宇宙空間に無数のミラーを配置し、一枚の超大型ミラーを形成。そこに太陽光を収束し、発射するという最強の兵器である。こんなのを家に向けられた日には堪らない。

一応補足までだが反射板の本来の目的は「JRの東京門司間のマイクロウェーブによる無線電話回線に使用」なんだとか・・これを破壊すると大変な事になる旨の注意書きもあった。そんな大層なものらしい・・

ソーラーレイ

次の大茶臼山(413m)には大きな電波塔が・・。こちらはどこの会社の保有かは存じないが、見晴しの良い山頂にはうってつけなんだろうが、やはり無粋な建物である。
この大茶臼山までで約4時間、中間地点で丁度良いので昼食を採る事にした。

大茶臼山電波塔

大茶臼山を少し下ったところに展望岩があった。大分南に歩いた事もあって広島湾や瀬戸内の島々が一望できた。

大茶臼山展望岩から

次の柚木城山(339m)まではまたちょっと長い。途中、己斐峠という車道に下りてまた登り返す事になる。
柚木城山からの景色は市内側のみだったが、また良い景色だ。しかしこの辺でかなり疲れが堆積してきたようで、歩く足取りも事務的に・・

柚木城山

次の鬼ヶ城山(282m)には一旦「草津・沼田道路」という有料道路をまたぐようになる。車では来た事があるが、歩いてくるのは初めての事。凄い距離を歩いてきたものだと実感する。

鬼ヶ城への登山道では見事な竹藪を通る事になった。市内の山々だと侮っていたが、植生が変わっていく様を見るのも楽しい。笹の葉が良いクッションになって歩き易い登山道だった。

鬼ヶ城山

鬼ヶ城山を踏破し、ようやく最後の鈴ヶ峰に向かう。ここまでで足にはかなり乳酸が・・(笑)
最後の力を振り絞って急坂を登る。さすがにキツイ。

急坂の先に辿り着いた鈴ヶ峰山頂(312m)。広島南アルプス踏破の瞬間である。ここまでで既に7時間を超えていたし、疲れも堪っていたので到達した時はホッとした。

鈴ヶ峰山頂

鈴ヶ峰山頂からは世界遺産である宮島が一望できた。若干曇り空になっていたので雲の隙間から太陽の光が差し込む神秘的な風景が・・。しかし、宮島が見えるところまで来たと言う事でかなり実感が涌いてくる。ほんとバカだ・・(笑)

宮島

と言う事で、なんとか広島南アルプスは踏破できた。しかし、きっと2度とやる事は無いであろう・・少なくとも数年間は・・。
この後打ち上げと称して飲みに行ったが、数杯で撃沈。帰りの電車では爆睡だったのは言うまでもない・・
因みに今回の記録は駅までの道のりを含めると総歩行距離は17km、ほんと良くあるいたなぁ・・と感心しました。

御一緒したganzさん、ほんと御疲れ様でした。
そして中Gさん、参加できなくて残念でした。今度は安芸中野から熊野まで歩くという「鉾取山塊」でも挑戦しましょう!

PS:鈴ヶ峰の下山道中では某にゃんこ追っかけさんが好みそうなにゃんこ小屋を発見、しっかりカメラに収めてきたのでこちらは次の機会に・・






最終更新日  2007年02月04日 22時34分47秒
コメント(12) | コメントを書く
[山歩き] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.