777785 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

京都大好き隆ちゃん

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


京都大好き隆ちゃんさん

感謝と他力本願

フォローする

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

 イチカワ@ Re:東大寺大仏に転居のご挨拶と興福寺中金堂の柱絵特別展示(06/13) 奈良の生活もやっと落ち着いたようですね…
 川口一雄@ Re:奈良の生活が始まる(06/12) ご無沙汰しております。奈良に転居なんて…
 ひろ@磐田@ Re:「旧友に再会」(03/10) 今日は楽しく歓談させて頂きありがとうご…
 京都大好き隆ちゃん@ Re[7]:「マガン」と「ヤブツバキ」(03/07) ひろ@磐田さん 楽しみにしています。 この…
 ひろ@磐田@ Re[6]:「マガン」と「ヤブツバキ」(03/07) 明日、風が弱くなってカワセミが出てきそ…

Freepage List

Headline News

2011.11.05
XML
カテゴリ:奈良の歴史と文化
 

写真上:創建時の西大寺西塔跡あたり

    四角五重塔(企画は八角七重塔)

奈良検定体験学習10月23日(日)の旅その9

「南都七大寺.西大寺1(奈良時代.孝謙太上天皇創建)」

 

昼食の後は、南都七大寺の一つ西大寺です。

西大寺は2回に別けてご紹介します。

西大寺1は孝謙太上天皇創建時で西大寺2は鎌倉時代、叡尊による復興です。

体験学習資料

01西大寺体験学習資料IMG_0001.jpg

藤原仲麻呂(恵美押勝)の謀反が発覚し宮中が騒然としていた天平宝字8年(764)9月11日に、孝謙太上天皇が鎮護国家の祈りを込めて七尺の金銅四天王像の造願を発願したことが始まりです。

持国天(本尊の向かって右前)

増長天(本尊の向かって左前)

広目天(本尊の向かって左奥)

多聞天(毘沙門天)(本尊の向かって右奥)

四天王という天部の像が最初に造られたということは、かつて、四天王寺が聖徳太子によって物部守屋討伐のために建てられた如く、恵美押勝の乱を鎮撫するために発願建立したという見方もあるようです。

鎮護国家祈願という大願による悲願ですから、かつて造東大寺司長官が、今度は造西大寺司長官に登用されています。

ブロンズの四天王です。

まがつみは いまのうつつにありこせど ふみしほとけのゆくへしらずも

会津八一

という皮肉な歌があります。

四天王は西大寺の始まりとなった由緒ある像ですが、創建当初のものはその邪鬼だけで、今の天部は後世の補作です。

まがつみ(邪鬼)はいきながらえているが、本来それをしりぞけ調伏すべき役割の四天王は失われて行方が不明である。

まるで現代でも通用するような歌ですね。

いわば人の世は悪濁だけが常にはびこっているからこそ、平和や快楽の祈願が必要なのだ。という意味か?

増長天邪鬼(唯一の奈良時代のもの)

02西大寺増長天邪鬼IMG_0001.jpg

体験学習資料にあるように、創建時は、現在の西大寺の倍の広さがあったようです。

766年までに四天王像を祀る四王堂が竣工し、薬師金堂が769年、弥勒金堂が771年に完成、五重の東西双塔(企画は八角七重塔)、十一面堂などを含む広大な七堂伽藍だったのです。

本堂前の東塔基壇跡

03西大寺東塔基壇IMG_0001.JPG

平安時代には多くの堂宇が焼失したが、鎌倉時代1235年より西大寺に住した興正菩薩叡尊が寺の復興に尽力したのです。






Last updated  2011.11.05 06:53:21
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.