077937 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

たかだかたかだ。

PR

X

Profile


biwako_diablossa

Calendar

Archives

2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年09月
2021年08月

Recent Posts

Freepage List

Category

Comments

http://buycialisonla.com/@ Re:バンディオンセ加古川戦に向けて。(06/06) cialis 5 mg packungsbeilagequal o melho…
biwako_diablossa@ Re:「泥沼」は言いすぎじゃないかと思った。(05/25) 垂直応力さん >せめて「ラムサール条約…
垂直応力@ 「泥沼」は言いすぎじゃないかと思った。 せめて「ラムサール条約登録申請中」とか。
biwako_diablossa@ Re:高見の里行ってきました(04/24) >垂直応力さん 昨日はお疲れ様でした。 …
垂直応力@ 高見の里行ってきました 神戸の間島君は一番後ろでスウィーパー(…
2011年07月13日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
スタメンはGK菊谷、DFは右に梶村、左に藤本、CBは浦、細川雄のコンビ。
ボランチには細川堅と藤尾、右サイドは椿本、左サイドは池松。
岸本、山本の不動の2トップが前線に構えます。

非常に暑い中での立ち上がり。押し気味に進める高田は
16分右サイドで得たフリーキック。
池松が蹴ったボールにニアで椿本がヘッドで合わせて先制。
1-0と先制点は高田が奪います。
なおも攻める高田、34分には岸本が関クラDFの連携ミスから
ボールを奪いそのまま持ち込み2-0。

後半に入って先手を取ったのは関クラ。
50分、右サイドを崩して最後はゴール前の混戦からファーサイドで
フリーになっていた千葉が押し込み1点差に。
しかし、77分には関クラDFの裏を抜けた椿本がきっちりと決めて3-1。
82分には山本が前節と同じようにキーパーの頭を越える技ありヘッドで4-1。

そのまま関クラの反撃を菊谷のファインセーブを含む好守で凌ぎ
4-1で試合終了。首位をがっちりキープした。






Last updated  2011年07月13日 23時51分02秒
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.