321611 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

読書日記@はっさん

PR

Profile


タカハシ@

Freepage List

Headline News

July 24, 2013
XML
カテゴリ:読書
「刑務所なうシーズン2」は長野刑務所に収監されていた元ライブドアの社長・堀江貴文氏の獄中日記。懲役2年6ヶ月の実刑判決を受けて収容され、刑務所でなれない生活を送っていた先の本(刑務所なう)からの続きで、日々の食事メニューとふとした出来事、新聞で知った時事ネタについて書かれていた。(日記ばかりではなく、マンガや編集担当との面会記もあります)堀江氏は入る時は95キロ近くあったがこの収監中で30キロ獄中ダイエットに成功しその軌跡も詳細に書かれていた。刑務所は規則にがんじがらめの単調な生活を送るのでたまのおやつや慰問に一喜一憂し娑婆で優雅な生活をエンジョイしてた堀江氏でも「今日のおやつはガリガリクンだ~ヤッホーイ!」と小躍りするくらい喜べる「甘味」の魅力エピソードはおもしろかった。こーいうエピソードだけでなく経済事件への突っ込みや政治談義、自身のロケット開発会社の様子なども塀の中限られた情報だけで解析し感想を書いていたがこの人、ほんと「地頭」が良いのがよくわかるなぁ~。すでに仮釈放され娑婆に出てきているが今後の活躍がとても楽しみだ。非常に分厚い日記だがおもしろかった。「アナウンサーの日本語論」は元NHKアナウンサー・松平定知氏のエッセイ。まだアナウンサーの地位がそんなに高くない時代の新人アナ時代のエピソードからはじまり、「ニュースセンター9」や朝の全国ニュースに出演するようになった以降のアナウンサーの使命感などが書かれていた。今はアナウンサーという職は花形職業ですごく人気商売だが、人気に浮かれるのではなく、舞台裏では正しい日本語を学び自身で原稿や一言コメントを考え、学び続けないとしていた。この本は「日本語とは・・・」という教育本ではなく松平アナの自分史のような本だった。まぁ、こんなものだろう。






Last updated  July 24, 2013 12:03:30 AM

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

いのち文化研究所@ こんにちは。 はっさん、さん。こんにちは。「本当は危…
mkd5569@ Re:心の傷は言ったもん勝ち・学歴・階級・軍隊(11/24) 朝のブログ更新おつかれさまです。 11月…
つき指@ つき指の読書日記  すごい読書量ですね。老眼鏡の身ではこ…
mkd5569@ Re:本業・防衛省の真実(07/08) 深夜のブログ更新お疲れ様です。 今週も…
やまもん1974@ 「公務員、辞めたらどうする?」著者です。 季節はずれのコメントを失礼します。 以…

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.