000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

My favorites

My favorites

お出かけ(映画・美術・音楽鑑賞)



1月

『tokyoタワー』

 黒木瞳はきれいで岡田准一と二人は現実とは思えない世界を作っていました。
寺島しのぶが存在感があってフラメンコシーンに圧倒されました。

『オーシャンズ12』

 オーシャンズ11が豪華スター競演で楽しかったので、見にいきましたが、
ちょっと拍子抜けしました(~_~メ)




2月

 『中国国宝展』

歴史の重みを感じます。天平の仏様のルーツを探るような展示もあり興味深かったです。

 菩薩立像


 『北の零年』

 こんな満員な映画はちょっと久しぶりでした。
ラストサムライの謙さんを想像していたので役柄にがっかりでした。

 『フジ子・ヘミング コンサート』

 すばらしかった!ショパンの調べ
映画好きの私には戦場のピアニストの中のシーンでもおなじみのノクターンにうっとりでした。
誘ってくれた友達に感謝です!
    




3月

『僕の彼女を紹介します』

 宝塚にある唯一の映画館で50席が2つという小さな映画館ですが
新しいのと席がゆったりしているのと音響がいいので
気に入っています。
 『猟奇的な彼女』をビデオで見たので,今度は映画館でと思いました。
前半は笑い満載でその分後半は泣けました。
でも韓国ものはよく人が死ぬなぁ・・・

 『オペラ座の怪人』
 
 音楽に圧倒されました。絶対に大きなスクリーンと音響効果のよい映画館で
見ることをお勧めします。
 主役の歌姫がなんと10代だそうでびっくりしました。
 四季の舞台が見たいなぁ。




4月

 悲しいかな!4月は何も見ていなかった(>_<)
 母の世話で朝昼夕と母の家に行ってたので。残念!




5月


 『矢野麻衣子さん jazz live』

 久しぶりに夜liveに行きました。
 ハスキーな声でバラードがすばらしく
 うっとり聞き惚れました。

ライブ1


『宝塚歌劇 長崎しぐれ坂 & ソウル・オブ・シバ』

 久しぶりの宝塚大劇場 専科の轟 悠さんがすばらしく
 ファンになりました♪歌劇は素人で愛称もぜんぜんわかりませんが
 夢の世界に連れて行ってくれます。

 『甘い人生』

 今一番のお気に入り俳優のイ・ビョンホン主演の映画です。
 大好きになった美しき日々のときからすると痩せていて
 その分クールで悲壮感が漂いまたよかったです。
 ストーリーは、裏の世界を描いているので暴力的で
 ぞっとしますが、ふと知り合った女の人を守るため
 命がけで戦う一途さにせつなかったです。
 
 『ハーモニーコンサート』

 友達がお姉さんと由紀さおり姉妹のようにコンサートを
 企画しましたので聴きに行きました。
 童謡あり・ミュージカルスターのような雰囲気あり
 オペラのプリマドンナのようなソプラノありでうっとりと聞きほれました。
 ピノキオの主題歌『星に願いを』が大好きで聞いてると目頭が熱くなりました。
 お姉さん手作りの衣装もステキでした。

 コンサート




6月

  『藤城清治の世界展』

 暮らしの手帖の影絵で有名な藤城清治さんの
 光と影のシンホニーと副題のある影絵の世界を堪能してきました。
 行った日にサイン会のためにきて下さり行列でした。
 今年80歳ですが細かい仕事を今もなさってるそうです。
 藤城清治さん

 美術館では写真撮影は禁止ですが
 絵葉書をブログに載せてもいいのでしょうか




7月

 韓国映画『マラソン』

韓国で大人気だけあってよかった!
主役の人はラブストーリーに出ていた人(名前知らないんです)
最後に見せる笑顔がたまらなくステキ 純粋で至るところで
感動の涙出ました。
8月のクリスマスといいこういう映画が大好きです。



 『中国民族音楽の調べ』

アンサンブル華夏の演奏です。
二胡やモンゴルの馬頭琴や
揚琴という楽器の演奏を聴きました。
中国の歌は明るい感じで
二胡はもっと物悲しい曲に合うなぁと思いましたが
うっとりとアジアの風を感じました。




© Rakuten Group, Inc.