000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々の暮らし

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

片づけ

2022.03.23
XML
カテゴリ:片づけ
仮住まいに貸すことになった
実家の間取り図を
なぜか書いてみたくなりました。




(鉢植えのクリスマスローズ)


実家の建物は築60年で、
両親が住んだ年数は23年ほど
両親は3回も引っ越ししていました。
2016年に相次いで両親が他界。
時々実家に行って
懐かしがっていました。





仮住まいなさるNさん家族は、
父がお世話になった方です。
父も喜んでいるように思っています。
そして、
手付かずにいた生活用品などを
片付ける事が出来ましたので
良い機会になりました。

明日からNさん家族のお荷物が
搬入されるそうです。
8月にNさん宅が
新築完成されるそうです。

仮住まいが快適でありますように。



(わが家の庭で)






最終更新日  2022.03.23 16:57:53
コメント(0) | コメントを書く


2022.01.11
カテゴリ:片づけ
​​​​​​​​​​​​​1日中かた付けをして過ごしました。
​押し入れの中を整理したり、
お正月泊まりに来て娘達家族が使ったシーツをしまい込んだり、
整理タンスの中も仕分けしたりして
結構集中しました。
休憩にひとりお茶タイムでした。




羊羹とみかんで休憩

夕方になり、
クリーニング店まで行きました。
布団カバーをお願いしていたので
受け取ってきました。



綺麗に仕上がってます。
だいぶ正月気分も抜けてきました。​
(10日のことでした)






最終更新日  2022.01.11 06:19:31
コメント(2) | コメントを書く
2021.06.17
カテゴリ:片づけ
朝方は少し雨が降ったようで地面が濡れていましたが、その後雨は降らず
午前中は曇り空でした。
午後からは晴れたり曇ったり、夕方にかけて青空が見えてきました。

一日中片づけをして過ごしました。
遅まきながら炬燵をはずして、夏向きに模様換え、
ゆっくり、ゆっくり片づけです。

3時のおやつは、ところ天にしました。






酢と醤油とお砂糖をかけて頂きました。
ところ天に砂糖をかけるのは、昔からこちらではそうでした。
秋田出身の友人は、砂糖はかけないそうです。

片づけは、玄関も模様換え
























開け放っている玄関から、時おり涼しい風が吹いてきて、
合間に玄関の上がり口に腰を下ろして、気持ち良さを感じています☆










最終更新日  2021.06.17 16:47:59
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.14
カテゴリ:片づけ
​片付けが、はかどらないでいます。
どこからはじめようかと考えるぽっ

玄関から始めることにしました。
出したり引っ込めたり、写真を撮ったり、

一カ所だけにだいぶ時間がかかりました。







































最終更新日  2020.12.14 08:59:42
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.15
カテゴリ:片づけ
今日、椅子が戻ってきました。
25年間使っていたダイニングの椅子
4脚の張り替えを家具屋さんに
依頼しておりました。

見積もって頂き
それから依頼しました。

コロナの特別給付金で
何とかとおもいましたが、
足が出てしまいました。












椅子のクッションと
背当てを新しく替えました。


以前の椅子はこちらです。







新しく張り替えたので
これから数十年まだ大丈夫でしょう。


和風の2脚もはりかえたかったのですが、
あまりにも高くつくので、諦めました。






中身のウレタンを買ってきて、
自分で交換してみようかなと
考えています。



お盆で、近くに住む娘と孫がやってきたり、
お墓参りに行ったりして
忙しくしておりましたが、
綺麗になって戻ってきた椅子を見ていたら
疲れが飛んで行きました。


連日の猛暑で残暑厳しい毎日
初秋を感じさせる我が家の庭の
シュウメイギクが咲き始めました。





また今年も咲いて、
うれしく感じています。










最終更新日  2020.08.15 16:56:23
コメント(4) | コメントを書く
2020.04.25
カテゴリ:片づけ
朝から、片づけをしています。
物置きにしまい込んでいた
ダンボール箱の中から
頂いたお便りが
出てきました。
心がこもっているお便り
手にした時の嬉しさが
よみがえってきます。

切手を剥がして、水に浸して



乾しています。



厚紙を切って、
にわかに作ってみました。


状差しです。
使用済みの切手が貼れました。
おうちで、楽しいこと考えて
活性化しています。







最終更新日  2020.04.25 10:55:14
コメント(4) | コメントを書く
2020.04.20
カテゴリ:片づけ
小雨降る月曜日、
午前中から片づけをしていました。
ダンボール箱が押入れに
沢山重っていました。
写真、手紙、絵に分けて整理を
と,思ったのはいいのですが、
のったところで
片づけの手が
止まってしまいました。

写真、
。。。。。
亡くなってしまった友人と
亡き恩師からいただいた写真、
また手紙、



何て
美しかったのでしょう。
写真、
亡き友人も
亡き恩師のお写真も
沢山の楽しい思い出と共に
残っていました。

しばし中断して
思い出を辿っていました。

まだまだ片づけが残っています。
お昼になりました。




おにぎりと
さつま揚げの炒めものと
シーチキンと大根おろし
で頂きました。

午後から
また片づけを続けています。









最終更新日  2020.04.20 14:34:23
コメント(4) | コメントを書く
2019.12.27
カテゴリ:片づけ
クリスマスリースやサンタなどの飾りものを箱に入れて、
お片づけ。
そして、2階の踊り場や階段を掃除しました。
少しづつ、ワンフロアーつづ片づけながらお掃除しています。













庭のやつでと、小さな葉ボタンを切ってきて、息抜きに飾ってみました。







今年の冬クレマチス、
あまり生育が良くなくて、
少ししか伸びていません。







自分の用事や趣味の集まりはすべて終えました。
家事に専念する時間がとれました。
29日から家族が増えますので
忙しくなりますバイバイ








最終更新日  2019.12.27 11:44:20
コメント(6) | コメントを書く
2016.06.13
カテゴリ:片づけ

 

ひんやりとして、そぼふる雨の朝ですが、

なんとなく落ち着いて、心地よいです。

 

昨日は、頑張って実家から撤収してきたカーペットを手洗いであらって、干しました。

 

P1200591.JPG


取り扱い注意書きには、手洗い禁止マークがついていましたが、

汚れがひどかったので、強行してしまいました。

写真は、裏面を表にして巻いています。

秋口まで、こちらで保管することにします。


昨日ブログで、カーペットの洗濯を実行をすると宣言したら、

大変でもそのとおりにできたので、

達成感がありました赤ハート



今日は、兄夫婦から、温泉の招待をうけましたスマイル


これから行ってきます。


P1200592.JPG


今朝の我が家の紫陽花です。

雨に咲く花音符



P1200593.JPG


京かのこ


では、行って参ります温泉







最終更新日  2016.06.13 09:56:55
コメント(4) | コメントを書く
2015.12.27
カテゴリ:片づけ

 

昨日から少しばかりの端切れの布を整理しています。

何年も使わないでいました。

着物地の錦紗などです。

 

P1190583.JPG


P1190584.JPG


お細工物に使えそうで集めていましたが、

それほど作らなくなりました。


着物の記事にもいろいろあります。

ネットで調べてみました。

着物の種類 織物について 染め下生地
●紋織物平織、斜文織、繻子織など浮き糸の少ない組織で織物の地をつくり、地合いと異なる組織、色糸を用いて様々な文様を織り出した織物の総称。紋意匠縮緬、紋御召、紋羽二重、紋綸子など。
●錦 紗
(きんしゃ)
錦紗縮緬という。縮緬のことだが、細糸を用いて薄地に仕上げる。
●御 召
(おめし)

御召縮緬。十一代将軍家斉がお召しになり好まれたということで名づけられた。先染めの絹織物。緯糸に強撚糸を使っているので、温湯に浸すと糸が戻り、縮緬シボという凹凸ができる。

●縮 緬
(ちりめん)
緯糸に縮緬糸といわれる強撚糸を使うため縮緬シボができる。一越、二越(古浜縮緬)、三越(錦紗)、四越以上(うずら縮緬、太縮緬)。
※一越とは緯糸を一ト越しするものをいう。
●緞 子
(どんす)
経糸、緯糸とも練り糸を用いて繻子組織で文様をあらわしたもので、地質が柔らかで光沢がある(特に優雅な印象を与えるための呼び名)。室町時代、中国から輸入されたという。
●綸 子
(りんず)
繻子組織で布の表裏に文様を表した染め下生地に用いる紋織物の一種。経糸が地を、緯糸で地紋を織り出した物。紗綾形に菊、蘭という柄が多い。
●塩 瀬
(しおせ)
塩瀬羽二重の略で、羽二重の厚地。経糸を密にして太い緯糸を打ち込んだもの。半衿、帯地に多く用いられる。
●羽二重
(はぶたえ)
経糸、緯糸とも撚っていない生糸を使って平織にしたもの。後練りの織物。主として紋付の礼装に用いる。
※練り=生糸を石鹸、ソーダ液で処理し、不純物、セリシンを除去して白く光沢のあるものにすること。

お友達が布でお花を作るそうなので、

貰って頂けそうですちょきスマイル


昨日から2階にある納戸を片づけています家








最終更新日  2015.12.27 18:48:13
コメント(6) | コメントを書く

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.