746819 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々の暮らし

全3件 (3件中 1-3件目)

1

一年のまとめ

2021.12.30
XML
カテゴリ:一年のまとめ
今年はコロナのワクチン接種を8月に終えて、
だいぶ安心したものでした。
緊急事態宣言やまん延防止対策などを受けて、
だいぶ行動が制限され
解除を待つ日が続きました。
合間に日帰りのお出かけや一泊の旅行などや
美術鑑賞、また趣味の水彩画の展示会など
貴重な体験があった1年でした。

日記に残せなかったことで
1番思い出深かったことが
12月初旬にありました。

兄と2人で、12月8日に四国の香川県に住む叔母さんに会いに行ってきました。
叔母さんの旦那さんがお亡くなりになっていて、
すでに15日が経っていました。
知らせを受けて驚いて兄とかけ参じました。
叔母は母の妹で私達の姉のような方です。
旦那さんがお亡くなりになる直前に
叔母が急病になり大手術を受けてしまいました。
麻酔が醒めないうちに、旦那さんが天に召されてしまいました。

退院した叔母は自宅で私達を待っていて下さいました。
だいぶ弱っている様子でしたが、
翌日には見違えるように元気が戻ってきたように見受けられました。

二泊してきましたが、お宿は高松市内のビジネスホテルを利用。
移動はレンタカーで兄の運転でした。
兄とは2歳違いです。兄妹2人の旅は初めてだったような
懐かしいような感じがしました。
幼かった頃に、隣の町の母の実家まで行って、
ついでにサーカスを見に行った時に似ているような
遠い記憶を辿った出来事でした。

写真は、瀬戸内海です。
瀬戸大橋を電車で渡る途中で車内からです。





(12月8日撮影)

新幹線を乗り継いで、約8時間かかりました。
母が病気で入院した時や、両親の葬儀や法事の時にも
叔母さんは遠くからその都度来て下さいました。
今回は急なことでしたが、行って来てよかったと思っています。

今日の日記で今年の締め切りといたします。
明日は2年ぶりに長女一家が帰省します。
もちろん泊まって行くので、その準備で家の中をうろうろしていました。
あまりにも動き過ぎて疲れてしまいました。
お正月の花を生けたら、気分が良くなりました。




(梅、松、ドラセナ、千両、カーネーション、名前わからない小花)


それでは、良いお年をお迎えくださいませ。
また来年もよろしくお願いいたします。






最終更新日  2021.12.30 22:14:27
コメント(0) | コメントを書く


2020.12.29
カテゴリ:一年のまとめ
2020年を振り返って、月ごとにコメントが一番多かった記事を載せます。

​1月20日「新春ダンスパーティー&年賀状のお年玉」
この日がパーティーの最初で最後となってしまうことになろうとは、
思いもよらなかったでした。

2月​はマヨネーズを作ってみたでした
3月​日曜日の出来事
4月​​タラの芽
5月​歩く
6月​雷がなって
7月​たくさん作りました
8月まあまあな一日
​​9月​ダンス教室見学
10月​久しぶりに絵を描いてみました
ここまででリンク機能が限度となりました。
11月は画像で




11月3日の日記、旅の楽しみです。
鳴子温泉街のこけしやさんで出会ったアマビエこけしでした。



12月も画像で
リメイクリースと題した12月8日の日記が
12月では一番コメントを多く頂きました。






1年間、ご訪問コメントをありがとうございました。

コロナで始まりコロナで過ごした1年でした。
来年も元気に過ごしたいと思っております。
どうぞ良いお年をお迎えくださいますよう。ぺろりぐー






最終更新日  2020.12.29 07:51:15
コメント(2) | コメントを書く
2018.12.24
カテゴリ:一年のまとめ


幼いころ、クリスマスの25日の朝、枕元には袋に入ったお菓子やジュースが置いてありました。
とても嬉しくて、着替えることもしないで、囲炉裏ばたに行って
中身を兄妹で比べあったものでした。

親心を感じるクリスマスの日でしたが、だいぶ遠い昔の事、
それから半世紀が経ちました。
わが娘達は、それぞれの家庭でクリスマスイブを楽しんでいるようです。
私達夫婦は、ケーキを買って食べました。




半分残りましたクリスマスツリー

プレゼントりぼん
2018年を振り返ってみました。
ちりめんの布で作った押絵を月ごとにまとめました。








十二支の押絵





干支の戌の押絵で始まって、猪の押絵で終わった一年でした。
出逢いと別れもあり、大きなことでは、2月に孫が産まれたこと、とても可愛いです。
その上の孫は2歳、ふたりの孫に会うのが楽しみです。

別れは、年末になり14年間続けてきた人形教室が先生のご高齢により終了したことでした。
最後の教室の日、22日でしたが、先生のお話を沢山お聞きすることができました。
先生と初めてお会いした時のような新鮮な気持ちが蘇ってきて、
もう会えなくなるのかと思うと寂しくなりました。
人形教室に通って、押絵も人形作りも教えて頂き、長い間続けられたことに感謝しております。



人形のひとつですが、
2012年3月、お花屋さんのショーウインドゥに飾らせて頂いたお人形さんです。
先生からのお薦めをいただき、鎮座いたしました。






この頃が一番楽しかったように思い出されますどきどきハート








最終更新日  2018.12.24 22:42:47
コメント(10) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


© Rakuten Group, Inc.