262052 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

法律と漫画のブログ

PR

プロフィール


たかしRX

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

ていがみ@ Re:海外で不倫した場合の慰謝料支払い義務はどうなるか?(04/28) 海外でおこった事件を日本で訴えると日本…
たかしRX@ Re[1]:キン肉マン313話『真実への十四階段!!』の巻(04/13) YhQさんへ 両脇…と言われて数えたら確かに…
YhQ@ Re:キン肉マン313話『真実への十四階段!!』の巻(04/13) 両脇の階段が14段ですよ。 あと、悪魔将…
浩然浩然浩然浩然浩然@ Re:なぜ桑原が戸愚呂兄と戦ったのか?(06/30) 俺ノ桑原って何スカ??? マジ??? キショ…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020.03.12
XML
テーマ:法律(462)
カテゴリ:法律
「当職は、保全・執行事件が大好きです」という、ヘルシングに登場する少佐みたいなはしがきから始まるのがこの、『失敗事例でわかる! 民事保全・執行のゴールデンルール30』である。
こんな、保全・執行が好きなんて、これはよほど変わった方ではないかな、と思う。僕なんて保全・執行は大嫌いだもん。多分、たいていの弁護士は嫌いだよ…。



失敗事例でわかる! 民事保全・執行のゴールデンルール30 [ 野村創 ]

そもそもなんで保全・執行が嫌いな弁護士が多いのだろう?
僕の場合は端的に経験不足というのがあるかもしれない。保全・執行なんて年に1件あるかないかだもの。たぶん、経験不足は僕以外の弁護士のほとんどがそうだと思う。
保全は必要があればやるしかないけど、執行は努力で避けることができる。例えば、執行の前提には債務名義、つまり判決を取らなきゃならないのだけど、たいていの事件では和解で終わらせてしまうからなぁ…。
なので、いつまでたっても保全・執行には苦手意識がある。

本書の特徴はサブタイトルに「失敗事例でわかる!」とあるとおり、失敗事例をつけてくれるところ。
例によって目次を書き出すとこんな感じになる。

第1章 保全事件の申立てにまつわる失敗
第2章 不動産の仮差押え、競売事件にまつわる失敗
第3章 債権等の仮差押え、執行事件にまつわる失敗
第4章 仮処分、明渡執行事件にまつわる失敗

怒涛の失敗ラッシュで、1人の弁護士として読んでて辛くなる…。
冒頭失敗事例の1で、全面勝訴したものの被告の破産で判決が紙屑になった事案、クライアントからのクレームに対し弁護士が心の中で、「取れるとか言ってない。勝てると言っただけだ」とつぶやくシーン(12ページ)なんかは笑いとともに、激しい共感をさせられる…。
また、失敗事例22の添付命令が飛んでしまうという事案は、背筋がヒヤリとする。

僕の個人的な経験だと、不動産の保全・執行はほぼ経験がないので、この部分は非常に興味深く読めた。
座右に置いておいて、保全・執行事件が来たときに該当部分を軽く読み返す感じにしようかな、と思う。もちろん、保全・執行が嫌いな弁護士としては、なるべくお世話になりたくはないのだけれど…。

一方で、著者も「架空の事例だから…」とはしがきで断っているが、「これを失敗例といのは酷だよ」というものや、「こんな失敗例、あるか?」というのもある。
例えば、失敗例19の、債権差押えの割付の失敗例、「単純割付はするな」という形になってるけれど、これを失敗というのは言い過ぎではないか…。決して、僕がこの失敗をしたから私情でケチをつけるわけではない…。そうだとも、僕もこれで悲しい失敗をしたけれど、諦めずに2度目の執行で全額回収したという経験がある。
同様に後半の仮処分の失敗は、ほぼ仮処分を怠って漫然と訴訟やったケースが多くて、それはダメだろ、という気持ちになる。そうは言っても、失敗例で学ぶ体裁になってるから仕方はないんだけれど。

ところで、事例が30も掲載されているのだけれど、意外にも養育費の差押え事案は1つも載っていない。
養育費の差押えは第三者からの情報提供というシステムができて、民事執行法の改正で大きく変わるところだ。
これから僕は養育費の回収には力を入れたいと思ってるんで、執行の勉強は続けていきたいかなぁ。



失敗事例でわかる! 民事保全・執行のゴールデンルール30 [ 野村創 ]






最終更新日  2020.03.12 23:39:14
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.