2020.07.06

キン肉マン315話「ソルジャーの決意表明!!の巻」感想

カテゴリ:キン肉マン
梅雨入りしたせいか,雨が多くておっくうな日々が続いているけれど,僕は元気です。
さて,今週のキン肉マン,「ソルジャーの決意表明!!の巻」の感想でも書いていこう。

さて,サブタイトルで「ソルジャーの決意表明」というけれど,こんな感じである。




(315話3頁目,「このままではいけないと思います。だからこそ,超人界は今のままではいけない」)

最後のサタンをジャスティスマンに任せたのもそうだけどとにかく今のままではいけない
特に今回のシリーズ。アリステラ率いるオメガ六鎗客に対し,ウルフマン率いる正義超人の二軍はぼろ負けしていた。
はっきり言って,正義超人の弱体化・・・とまでは言わないにせよ最近めっきり活躍していない。

思い返せば,始祖編でのMVPは悪魔将軍だろうし,その次がキン肉マン。三番手くらいにバッファローマンあたりだろうか。テリーマン,ロビンマスク,ラーメンマンといった正義超人の活躍ぶりは微妙だった。
オメガ六鎗客編を見ても,運命の五王子がメインで,二軍はともかく,正義超人の中でもアイドル超人はそもそもリングに上がることすらできていない。

さて,そんな決意表明に対しザ・マンが色々と説明するのだが,次のシリーズの敵は調和の神たち。
神々は下界の物に直接触れられないので,「下天」してくるそうな。要するに,神々が肉体を得て戦うということなのだろうか・・・。
こちら側というわけなのかどうか,邪悪五大神も仲間入りするのかな。
今更だけど,邪悪五大神は王位争奪戦で邪悪五大神は全員死亡していたような気もするのだが,何らの説明もなく生き返っている。それがキン肉マンクオリティ。

話は全然変わるんだけど,オメガ六鎗客のいたオメガの星が滅亡の危機に瀕していたという話はどうなったんだっけ・・・?
全く問題は解決していないように思うのだが。火事場のクソ力があればどうにかなるというのならば,これからどうにかなるのだろうけれど。





TWITTER

最終更新日  2020.07.06 12:03:31
コメント(0) | コメントを書く