228337 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

新たなるステージへ ~Try it !~

初体験日記


忘れもしない初体験・・・

それは、ちょうど今頃の季節で、梅雨の明けた時期であった。
10代の学生だった頃・・・



その前年の4月、
近所に新婚夫婦が引っ越してきた。

横浜の出身らしいその奥さんは、
近所でも評判の洗練された都会派美人であった。



私は、その新婚夫婦の家の前を通り、
彼女の姿を見かける度に、優しい言葉をかけてくれる度に、
子供心に、胸の高鳴りを感じていた。


彼女を見かけた日は、夢を描いた。
二人きりで、素敵な時を過ごす事を・・・

年上の女性に憧れる年頃であった。
罪悪感を感じながらも、何度も夢を描いた。



そして、夢が現実化してしまう。

プロローグは、突然やってきたのだ。



その日、学校から帰る時、
私は彼女に突然呼び止められた。


「よっちゃん(私の名前)クッキー焼いたから、食べてかない?」


後で振り返ってみれば、
出張が多い旦那さん。そして、専業主婦の彼女。

引っ越して間もない頃であったので、
退屈しのぎで私を誘ったのだろうと思う。


そして、彼女の家の中に初めて入る事になる。


クッキーと紅茶と
ステレオから流れるジャズの演奏。
そして、ソファーの隣に座る彼女。


ひまわりをプリントしたシャツのふくらみに、
今まで生きてきた中で、全く経験したことの無い、胸の鼓動を感じた。


帰り際に、天使がささやいた。


「よっちゃん、明日はケーキを作るから、またおいで」


私は天にも昇る気分だった。


+++++++++++++++++++++++


「よっちゃん、明日はケーキを作るから・・・」


その言葉から、
彼女の家に行く習慣が始まった。


そして、私たちはいろんな話をした。
学校の事、夫婦の事、恋愛の事・・・

学生としてでなく、一人の男として
会話をしてくれた事が、何よりも嬉しかった。


頻繁に出入りする私の姿を見て、
親や近所の人が、私たちの行動を少し心配し始めた。
私達は、そんな事も意に介さぬまま、会い続けた。




そして約一ヵ月後、あの日を迎える事になる。




梅雨が明ける直前の夕方であった。
それは、土砂降りの雨の所為だったかもしれない。


いつもの様に玄関から、
5メートル程ある門扉まで迎えてくれた。

手に持つ傘は全く役に立たずに、
2人共ずぶ濡れになった・・・



お互いの姿に、二人は顔を見合わせ笑った。

私はバスタオルと、旦那さんの洋服を借りた。



そして、
開けっ放しになっている隣の部屋で、
彼女は着替え始める。



レースのカーテンから洩れる光を浴びた、
柔らかな曲線が、私のまぶたに焼き付いてしまった。


+++++++++++++++++++++++


開け放たれた扉の、向こう側での着替え。
彼女は、私を誘っているのだろうか・・・


そんな事をあれこれ考えている内に、
着替えを終えた彼女は、ソファに腰を下ろした。


締め切った部屋の中まで、
聞こえるくらいの雨の音がまだ続いている。



心なしか、憂いを含んだ表情で、
彼女はポツリつぶやいた。



「旦那さんがね・・・」

「お前は下手だから、したくないって言うの・・・」

「えっ・・・」

私は、憤りを感じた。こんな素敵な奥さんと、
一緒にいるだけで幸せなのに・・・



「よっちゃん・・・」

「はいっ!」

「相手・・・してくれる?」



彼女の要望に応えてあげる事が、男の使命ではないか・・・


都合のよい解釈をした私は、
ついに、彼女に挑むことを決意した。


+++++++++++++++++++++++


初めての私に対し、彼女は完璧なまでのリードを繰り返す。
そして、彼女のしなやかに動く白く細い指先が、
私の領域へと容赦なく進んでいった。


先ほどの、つぶやきとは打って変わった、
別人のような声も、
雨の音にかき消されて、二人の世界を作っていった。



彼女は私にとって、
旦那さんの評価する〔下手な女房〕では全く無かった。



そして、
初めての経験は、終わった・・・

+++++++++++++++++++++++


私は満足感と、敗北感を同時に感じた。
男として、旦那にも負けているという悔しさが残った。


もう一度と、誘いをかけたが、彼女は首を横に振った。
今日は久し振りに、旦那さんが早く帰ってくるらしい。


帰り際に、彼女が渡してくれた物、
それは、旦那さんが買ったというハウツー本であった・・・

+++++++++++++++++++++++


その後、幾度か経験をさせてもらった。


しかし突然、彼女がよそよそしくなる時が訪れ、
それをきっかけに、私は彼女の家からは遠ざかっていった。


あの時借りた本は、まだ返していなかった。
いや、返さなかったと言った方が妥当かもしれない。

この本を返すと、彼女との付き合いが、
終わりになってしまう気がしたから。



数ヵ月後、おなかの膨らんだ彼女を見る。
ショックだった。いろんな妄想が頭をめぐらせた。



そして彼女は、女の子を産んだ。



+++++++++++++++++++++++

しばらくして彼女は、我が家に出産の報告に来た。
うちの母は、嬉しそうに赤ちゃんを抱いていた。
とても、複雑に感じた。




いたずらっぽい目で、彼女は私に耳打ちした。




「よっちゃん、旨くなった?将棋。」




○○名人監修 〔初めての将棋〕
私は借りていた本を、甘酸っぱい恋心と共に、
彼女に返した。



将棋初体験日記・・・



でした。




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.