228275 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

新たなるステージへ ~Try it !~

PR

Profile


スーパーTAKE300

Favorite Blog

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

YouTube ハープ 君… 47弦の詩人さん

12月15日大阪ビジョ… はっとりくん2005さん

一期一会 みんなのなおか1518さん
Celebrate… はっぴーもりもり♪さん
京都発 人材育成コ… noririn☆さん
MY THOUGHTS もぐもぐりすさん

Comments

Rachel@ BnMdwqSljxDmGHc A Second Class stamp <small> <a href="…
Ryan@ QKWbgLfAAOjPuLhL A packet of envelopes <small> <a href=…
nogood87@ TONCXtqsARYhgLoM Could I have a statement, please? <sm…
Alyssa@ sGBJEpfLZk I&#039;ll text you later <small> <a hr…
Henry@ UTlQtrCKBHrrgeKzq I&#039;d like , please <small> <a hre…

Freepage List

Recent Posts

Category

全76件 (76件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

あなたへのメッセージ

2011.11.03
XML

目の前には、
真っ白なキャンバスが、存在しています。

今居るここには、
真っ白なそれのみが、存在しています。

昨日描いた絵は
ここにはありませんから、

今描きたいと思うものを、
どうぞ、自由に描いてください。

 

 

 







Last updated  2011.11.03 23:22:30
コメント(0) | コメントを書く
2011.11.02

時として、誰かを独りにしてしまったという、
罪悪感に苛まれるかもしれません。

そして、手の届かないところに居るその人に対し、
余分な不安を抱えてしまうかも知れません。

しかし、心配の想念は、
そのイメージの現実化を手伝ってしまいます。

笑顔で元気で、幸福でいてくれる事。

それを願うなら、
以前その人が見せてくれた、最高の笑顔を思い浮かべてみると、

手の届かないこの地で、
幸せのお手伝いが、出来るのかもしれません。

 

 

 







Last updated  2011.11.02 21:24:17
コメント(0) | コメントを書く

振り返った時、

かけがえのない思い出として、
すべてが愛おしく感じられる。

それは、

年月を重ねた人が持てる、
ありがたき特権なのかもしれません。

今は、湧き上がる気持ちを、
素直に受け容れて、寄り添いながら過ごしてみる。

そんな大きな愛で、
あなた自身を愛してください。

 

 







Last updated  2011.11.02 21:23:06
コメント(0) | コメントを書く
2011.10.24

囲いの中から外れていくと、
独りを感じるかもしれません。

それは、類まれなる個性を、
発揮できるスタートなのかもしれません。

いろんな事が、あるかもしれません。

だから、責める事を手放して、
自分自身の応援者でいてください。

 

 

 







Last updated  2011.10.24 23:19:47
コメント(0) | コメントを書く
2011.09.26

宇宙に出かけなければ、

星の存在に、
気付けなかったでしょう。

いろんな角度からそれを眺めて、

どんな星なのか、
わかる事が出来たのでしょう。


そして、機が熟したから、

あの星に戻りましょう。


スタートし始めは、
予期せぬ重力がかかるかも知れないけど、

それをかみ締めながら、

あの星に戻りましょう。

 

 







Last updated  2011.09.26 01:37:41
コメント(0) | コメントを書く
2011.08.22
行きたいと思っていたお店が、お休みでした。

でも、いいのです。

それより大切なことに、今から出逢えるのでしょう。


もしかしたら、
その時は、解らないかもしれません。


後で気付くかもしれないし、

気付かないまま、
そんな事は忘れてしまうかも知れません。

それで、いいのです。


全ては、意のままに進んでいくのだから。

そんな風に思えた時、
身軽になれる自分に、気付ける筈です。







Last updated  2011.08.23 01:47:22
コメント(0) | コメントを書く
2011.08.13
あなたのその名前が、

誰に付けられたのか、
どんな願いで付けられたのか、

僕には解らないけど、

そこには、
天から降りてくるギフトが、
記されているのでしょう。







Last updated  2011.08.13 16:35:59
コメント(0) | コメントを書く
2011.08.06
心に問いかけてみて、
今感じている、本当の自分に従えばいい。

腰を落ち着けて、
十分気持ちに浸ることも、大切だと思うし、

社会の流れを気にして、
そんな自分を、責めることはない。

そして、
答えを出すことを、急ぐ必要も無い。

自然な流れのままに、心のままに、
時を刻むと、本当の生き方が見えてきたりするんだ。

そんな機会と言う恩恵を今、
プレゼントとして、与えられているんだよ。






Last updated  2011.08.07 00:32:30
コメント(0) | コメントを書く
2011.06.21
名古屋の新栄に、オフィスがあった頃でした。

初めてのクライアント様が、
交差点の向こうから、歩いて来られました。

その時に着られていた洋服や、
当時のお顔も、今でも鮮明に覚えています。

アンバランスな表現ですが、
ドキドキしながら一緒にエレベータに乗りこみ、
自信たっぷりに、セッションをしました。

今振り返ると、技術に乏しく余裕も無く、
過去の自分に、つっこみたくもなります。

しかし、ありがたいことに、
クライアント様は、人生のヒントや気付きや癒しを、
ご自身の中から、見つけてくださいます。

それが、
必然なご縁と言うものなのでしょうか。


そして、一つだけ言えるのは、
セッションに対する真摯な姿勢は、
昔も今も、変わって無いと思ってます。

今も、常にクライアント様にとっての、
良いセッションというものを、ずっと考えています。



初めてのステージに立った君を見ていて、
昔の事を思い出しました。


ありがとう






Last updated  2011.06.22 01:59:33
コメント(0) | コメントを書く
2011.06.05
一人カフェの初体験は、
いつ頃だろうと、思い出してみる。

たぶん、高校生の頃かな・・・

でも、その頃は、
カフェなんて言葉は、無かったけどね(^^)

コーヒーとソーダ水と、
チョコレートパフェくらいしか無かったけどね(笑)

君の、ひとり初カフェの話を、
いつか、聞かせてくださいね。

カフェ
こちらは、仕事帰りに仲間と一緒に






Last updated  2011.06.05 23:00:29
コメント(2) | コメントを書く

全76件 (76件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.