706635 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

身近な湯けむり紀行

PR

プロフィール


中年ピロ君

カレンダー

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

野沢温泉道祖神祭り 松尾ルル君さん

新春の醸造元「菊勇… 4820さんぽさん

日常生活の謎解き PBひひ淡州力さん
露天の鬼嫁・秘湯め… 露天の鬼嫁さん
北海道 温泉雑記 … ぴかリンさん
2007/10/12
XML
カテゴリ:青森県の温泉
青森県十和田市奥瀬蔦野湯1 蔦温泉

八甲田付近に行くなら絶対に外せないのが蔦温泉。と言ってもどこもかしこも素晴らしい
温泉ばかりですが、実は今回の湯めぐりはココ蔦温泉に入るのが一番の目的でした。
通りすがりに何度か訪れては、歴史の感じる佇まいに胸が躍るも入らずじまいで、やっと
念願が叶うことが出来ました。
日帰り客は玄関からではなく、玄関横の廊下から直接靴を脱いで上がり、受付で入浴料金
を支払います。

蔦温泉
蔦温泉1

まずは立ち寄り時間帯が男湯である久安の湯へ。
蔦温泉2

青森ヒバなのでしょうか、木製の湯船が1つだけというシンプルさ。
さすがに足元自噴だけあって湯船は低い位置に、湯船の底板の隙間からはポコポコと自噴
しているのも見ることが出来ます。
源泉名が旧湯、泉質はナトリウム・カルシウム・硫酸塩-炭酸水素塩・塩化物泉と長たら
しいですが、透明でまろみのあるお湯って感じです。
源泉温度が44.6度とちょいと高いので加水され42度にキープされていました。湯口に見え
るのところが加水口です。pH値は6.95で溢れる湯に暫し独占湯はたまりませんね。
嘗ての混浴の時代に来たかった~

こんな掛け湯もありました。
蔦温泉3

そして泉響の湯
蔦温泉4

こちらは男女別仕様、 少し新しい感じですが久安の湯と同じように足元自噴です。
源泉名が新湯、泉質はナトリウム・硫酸塩-炭酸水素塩・塩化物泉とカルシウムが消えた
ぶん久安の湯とは違いますが、ほぼ同じで違いは感じられません。
源泉温度は46.9度、ちょいと高いが同じ仕様の加水でこちらも42度にキープされてました。
pH値は7.3、天井が高い明り取りのため薄暗い感じがします。
ふけの湯で試した夜景モードで1枚パシャリ、何とか明るく撮れましたね。

2007年10月入湯 500円






最終更新日  2007/10/13 12:56:03 PM
コメント(10) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.