384691 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アバクロ偽物に注意しよう!!

2005.08.07
XML
カテゴリ:アバクロ偽物日記
ただ単に売り切れただけなのか、私が日記で指摘した
Ezra Fitchジーンズが有り得ない価格で売っていた店舗の
商品一覧からEzraがごっそり消えていた。
たまたまかもしれないが、ちょっと怪しい・・・・。

★怪しい店の見分け方の手がかりのひとつ


一緒に売っている商品郡を良く見ること。

アバクロ偽物を扱うショップに一緒に並んでいる商品には傾向がある。
アウトレット商品や、激安ばかりをうたい文句にした商品が
並んでいたら、まずアメリカからの入手ではなく
中国からの入荷ルートがある店と思ってよい。

アバクロは卸をしないのでアメリカのアバクロ直営店からしか
入荷できない。WEB通販では一度の注文で15枚までの制限が
あるから、大量に販売するためにWEBからの入手ではやってられない。

激安を謳い文句にするような業者にとって
わざわざ渡米したり、海外常住スタッフを確保したりしてまで
アメリカの店頭からアメリカの市場価格で買い付けて
安い価格で売っても、何の甘みもないのだ。


アバクロの正規品を扱う店は頻繁な渡米や、買い付けスタッフの確保や
そういった要素から、同じ輸入業務内で効率よく稼げる商品郡を
用意していることが多い。

そう言うお店は、洋服が好き、おしゃれが好きといったようなテーマで
お店が統一されている。洋服もアメリカから頻繁に入荷しているような
ブランドで統一されている。


偽物を扱うお店をテーマーでくくると

激安、アウトレット、大量在庫処分、
と言ったいかにも胡散臭い商売臭さや金の匂いがぷんぷんする。

ノーブランドの激安服や、なんでそんな価格で!?と言う商品が
大量に並んでいる。

中国当たりからの激安大量入荷をしている店にとって
仕入れがアメリカの高い市場価格で激安価格にし難く、
入手ルートが通常業務と異なるような面倒なアメリカ買い付けなんて
そんなことはやってられない。


アメリカ買い付けの手間も面倒で仕入れ価格も高いから他の店では当然高い。
そこをついて中国から安い偽物を仕入れて安く販売するわけだ。

良く考えてみれば分かりやすい。
激安しか売りにできない、商品の良さでなく価格で売るような店にとって
アバクロのような仕入れルートでの商品は取り扱いにくいのだ。
だから偽物を同じ中国ルートから運んでくる。

ただ、他の店と同じ商品の価格と比べて、半額程度と明らかに安いのは
この方式に当てはめて、思い切って、仕入れルートはどちらですか?と
電話で聞いてみると良い。

アメリカの店頭から買いました、以外の答えが返ってくる場合は偽物。
生産工場の余剰品を安く中国からとか言ったらそれは不正商品。

アメリカで買い付けたの答えが返ってきた場合は、

「アメリカの店頭価格より安いですよね?どうしてですか?」

とひとこと突っ込めば、ノックアウトだ。

メールでは考える隙を与えるので、電話で突っ込みましょう。
急襲にしどろもどろになるはずです。

なお、私の個人的な考えなので、激安な店でも
例外もありますので、ご自身でご判断くださいね。






Last updated  2005.08.07 12:03:23
コメント(2) | コメントを書く


PR

X

Archives

2021.08
2021.07
2021.06
2021.05
2021.04
2021.03
2021.02
2021.01
2020.12
2020.11

Shopping List

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.