000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

バンコク竹亭日記

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール


バンコク「竹亭」さん

大好き!頑張れ!タイランド

フォローする

お気に入りブログ

期待していたクラウ… New! マイケル4074さん

存在感のある雲38… New! 白山菊理姫さん

ドラゴンが復活する… New! ブライドールペペさん

大相撲モンゴル人力… New! maki5417さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

よびりん語録 New! よびりん2004さん

米国の支配システム… New! Condor3333さん

コムローイ祭り New! 放浪の達人さん

佐倉のD51ナメクジ New! GKenさん

国際イルミネーショ… convientoさん

コメント新着

元客 2@ Re:竹亭閉店しました。本当にありがとうございました。(08/26) 残念でありますが、もうプラチュワップ キ…
元客 1@ Re:竹亭閉店しました。本当にありがとうございました。(08/26) 久々に覗いてみたら、閉店されたのですか…
アキです@ Re:竹亭閉店しました。本当にありがとうございました。(08/26) 橋本さあああん!! 覚えていてくださって…
ご苦労さまでした。@ Re:竹亭閉店しました。本当にありがとうございました。(08/26) でも、応援クリックの要請は もう止めて…
バンコク竹亭@ 山梨の電気屋さんへ コメントどうもありがとうございます。 …

フリーページ

2017.04.02
XML
テーマ:タイ(2688)
カテゴリ:タイの日常

私が仕事以外で、
一番楽しく夢中になっているのがムエタイトレーニングなんですが最近、ムエタイジムに若いタイの女の子の練習生がますます増加中です。

私が通っているジムは
2か所あるのですが、
どちらも今や練習生の半分は女の子です。

ムエタイジム以外の主なフットネスセンターにも
ムエタイフィットネスのコースを用意しているところが多いです。

なぜ若い女の子がムエタイトレーニングにはまるのか。

まず確実に体重が落ちるトレーニングであること。
激しい全身運動で滝のように汗をかきます。

そして、トレーナーのミットに向かって思い切り殴って蹴ると頭がスカッとすること。
ストレス解消にも最高です。
これは男も女も同じだと思います。

私にとっても
全力でミットやサンドバックにパンチとキックを叩きこんでいると
完全な集中状態で頭の中が真っ白になります。
まるで深い瞑想をしている時のようです。

日本の方は
ムエタイに痛い、危険、苦しそうというイメージを持つ方が多いようですが
実際は女の子でも楽しくできるトレーニングなんです。

むしろ女性の場合は
男性より股関節が柔軟なようで
ごく自然にきれいで高さのある蹴りが打てる人が多いです。

ピンクのグローブに真っ赤なペディキュアを塗った足で
黄色い声で気合を入れながら蹴る姿は
可愛くてちょっと色っぽくもあります。^^

私自身は、ガチなスパーリングを含めてハードな練習が好きですが
それぞれが自分の体力に合わせてトレーニングをすれば
怪我をすることもありません。

タイに観光に見える日本人の男性女性にも
タイの新しい楽しみ方の一つとしてぜひムエタイ体験をお勧めしたいです。
練習はきつくても
やりきった後の爽快感は格別です。

タイでムエタイ体験をしてはまり
日本のジムに通いだす人もいますよ。


竹亭の場所、営業時間、お問合せ、ご予約は
当店ホームページ竹亭オンライン(右クリック)をご覧ください。


この日記を楽しんで頂けたら、下の3つのブログランキンのアイコンにぜひ応援クリックをお願いいたします。
皆様から頂く貴重な一票とコメントを励みに更新しています。^^
どうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング


人気ブログランキングへ


バンコクで日本の味が恋しくなったら竹亭へぜひどうぞ。
手頃な値段でほっとする味をお楽しみください。

170バーツからの定食類は昼も夜も同じ値段。おつまみも多数でお座敷で宴会も出来ます。
がっつり食べたい時は、竹亭名物食べ放題ぽっきり481バーツをどうぞ。

なおアサヒ生の入った飲み放題ぽっきり481バーツも始めました。
食べ放題と合わせるとぽっきり962バーツで大いに食べて飲むことができます。
バンコク最強のコスパです。

日系会社もタイ人スタッフとの会食に御利用多数。
低予算で目いっぱい食べて大喜びしてもらい、スタッフのやる気もアップです!






最終更新日  2017.04.02 16:32:32
コメント(12) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.