1783078 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

★日本歴史文化研究機構 <JCIA>■■■■■■■ (理事長・竹内睦泰)★

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Recent Posts

Freepage List

Calendar

2013/04/23
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
歴史的に初めに登場する忍者は大伴細人(しのび)である。
これは、聖徳太子に時代の人物である。

蘇我氏が各豪族の床下に2名放っていた。
(蘇我氏は武内宿禰の子孫である)
2名というのは、今の刑事と同じく<相棒>のようなものだ。

竹内家と忍者の関係について語ると、
武内宿禰の子孫、平群清幹(きよもと)が、
平将門の追討副将軍になったことがある。

大将軍の藤原忠文は戦場に遅刻したので、
実際には清幹が指揮を執った。
なお、清幹は、武内宿禰(世襲名)である。

その部下に、諏訪三郎兼家がいた。
勝利ののち、兼家には近江国甲賀郡郡司の地位を与えた。
これが、甲賀三郎(世襲名)である。

神道集には、甲賀三郎が富士山の洞窟に入り、
蛇になったという逸話があるくらいだ。

考えてみれば、諏訪の神は龍体である。
言うまでもないが、
この代々の甲賀三郎こそ、
甲賀忍者の棟梁なのだ。

つまり、出雲系である。

武術の竹内流に、柔術や剣術、棒術、鉄扇術があるのに、
なぜ忍術がないのですか、と聞かれたことがある。

答えは簡単だ。
甲賀忍者が配下だったからだ。
ただ、秘密なので、竹内流では竹内家以外には教えない。

竹内家は『公卿補任』をみてわかるように、
元服をした段階で、蔵人(天皇秘書)兼、
近衛将監(天皇親衛隊最高幹部)となる。

だから、天皇家が忍者を使っていることは極秘なのである。

当時は、忍術は忍びの技という以外に、隠形術とも呼ばれた。
つまり、情報機関である。
他の武術と同様、ずっと伝えられてきた。

そして、伊賀忍者と甲賀忍者は、
実は上忍同士が同一人物である可能性が高い。

また、伊賀忍者の場合、上忍は3家ある。
百地丹波守、藤林長門守、服部伊賀守である。

服部氏は、徳川家に仕え、
藤林家はその側近の藤堂高虎に仕えた。
最後に残った百地丹波守は、
伊賀の乱によって織田信長に滅ぼされた。

百地丹波守が逃げた場所は丹波である。
サンカの棟梁は乱破丹波(あやたちたんば)という。
そして、山の民になった。

当時の忍者集団として、北条家に仕えた風魔が有名である。
また、武田家も上杉家もそれぞれ忍者を抱えていた。
中国方面では、蜂屋(鉢谷)衆もいた。

家康に仕えた服部半蔵は、
本能寺の変の際家康を助けたことによって、
江戸城横に屋敷をもらい、
その門は半蔵門と呼ばれた。

甲賀衆は、現在の新宿百人町に移る。
もうひとつ、八代将軍吉宗の時に、
紀伊の国から連れてきた根来衆がいる。

この辺りが有名どころであろう。
そしてペリー来航の時に、
伊賀・甲賀・根来の連合は
ペリーの船に乗り込み、探索をした。

暗闇の中、忍者たちは、
忍者刀でシュノーケリングをして、泳いで船の調査をした。
(忍者刀は下がとがっているが、
実は穴が開いていて、鞘でシュノーケリングができる)

このあとは秘密結社について語りたいと思っている。
一つは、秦氏のネットワーク、
一つは後南朝のネットワークなどであるが、
影のローマ法王がザビエルを
日本に送り込んだことも興味深い。

なお、有名なルイス・フロイスは、『日本史』において
竹内家の事をかなり悪く書いている。

そして信長を殺した明智光秀の子孫、
坂本竜馬は、フリーメーソンのグラバーと通じていた。
フリーメーソンは、「石の大工」である。

古くはピラミッド建造にもかかわったという。
ピラミッド内部には、古代出雲大社にそっくりな
建造物があることがわかっている。

ここから先は、あまり日記に書くことではないであろう。
ただ、最後諜報機関について語らなければいけないかもしれない。

実はあまり公にできない諜報活動を
行っている人は多くいるのだ。

情報収集(たとえばエシュロン)、情報分析、情報操作、情報発信。

諜報機関の人以外でも、
現実にそのようなことを行う人がいることも
時間があれば語るかもしれない。

インターネットの時代だが、
人と人とが目をむきあって、
語り合うことも大切である。

僕は、インターネットより、
直接会ってしゃべることの方が
大切だと思っています。

<新しいHPのお知らせ>
日本史と古神道のHPを作りました。
講演案内やYouTube動画、古神道、武内宿禰などについて書いています。
よかったら見てくださいね~。

日本歴史文化研究機構
http://takeuchisukune.web.fc2.com/index.html/kougi.html

古神道
http://theoldshinto.web.fc2.com/

<講演のお知らせ>
竹内睦泰講演会(4~5月)

4.4月27日(土)19時~20時30分(講演1時間、質疑応答30分)
内容:「忍者史と秘密結社」
5.5月25日(土)19時~20時30分(講演1時間、質疑応答30分)
内容:「日露戦争」

講師: 竹内睦泰(日本史講師。作家。第七十三世武内宿禰。古神道・南朝・古史古伝・竹内流・正統竹内文書継承者。)

<講演会場>
●池袋(4,5の講演会)

<参加費>
●池袋(4,5の講演会)各回5000円

*参加ご希望の方は、住所、氏名、年齢をお書きの上、
日本歴史文化研究機構 nipponiyasaka@gmail.com まで
お問い合わせください。詳細をお送りいたします。

*開場は講演10分前~予定しています。

*参加費は当日受付で受領します。

*もし都合で欠席される場合は事前にご連絡ください。

日本歴史文化研究機構
HP:http://takeuchisukune.web.fc2.com/index.html/index.html
Email:nipponiyasaka@gmail.com





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2013/04/23 03:28:30 PM
コメント(0) | コメントを書く

Favorite Blog

明日香村の亀石 白山菊理姫さん

中学校教員 / 部活… がっきー塾長さん

札幌にて・・・ uganda1981さん

あっという間に empty206さん

焼酎で、だれやめる… ざっちゃん1968さん
BAR OBJ Dr.OBJさん
ザ大学 ubongohさん
スーの徒然草 ピアースキックさん
億万長者の幸福論 … モービックさん
アホ板 水野 綾香さん

Comments

yoshino@ Re:4月15日、古事記の邪馬台国発売!アマゾン日本古代史1位!!(04/15) 結構衝撃的な告知動画ですよね。 著作も素…
yoshino@ Re:古事記の邪馬台国!アマゾン古代日本史1位!!(04/17) すごい動画です! ジュンク堂にはサインが…
むらちゃん@ 竹内先生へ こんにちは! 日々、動画を拝見し、感銘し…
むらちゃん@ 竹内先生へ こんにちは! いつも楽しく動画やブログを…
アリが10@ ブログ更新しない先生が心配 先生、どうしたのでしょう?
おがわこうじ@ Re:★会議は途中退室。(01/01) やはり、旧暦ですよね?
村井優斗@ Re:★会議は途中退室。(01/01) あけましておめでとうございます。 先生、…
神道 学@ Re:★クリスマス、 ネギやきそばと、 人の笑み。(12/26) 今年も後わずか 来年も素晴らしい本・講…
月扇舞@ Re:★クリスマス、 ネギやきそばと、 人の笑み。(12/26) 食を愉しまれるお姿が目に浮かびます。 香…
竹内先生の受講生@ Re:★無茶庵朝日記。土佐日記。後醍醐天皇。(12/20) 神道系の大学に通っているので、竹内先生…

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.