139415 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

たけやま森の学校

「縄文時代の火おこし」

※※※ 「縄文の火おこし」のご購入は、「道の駅ひらた」で!! ※※※

 ぜひ、一度お越し下さ~い!

 ★在庫状況★

 ・ヒモギリ:○(在庫あり)
 ・キリモミ:×(在庫なし)~現在製作中~
 ・ユミギリ:×(在庫なし)~現在材料調達中~

 『道の駅ひらた』
 住所:福島県石川郡平田村大字上蓬田字横森後160番地


●縄文時代の火おこし●ひおこし!火起こし!火熾し!hiokoshi!


 「回転摩擦式古代発火法」

師匠関根秀樹、キリモミ式発火法 ヒモギリ式発火法:10秒で楽々火種  ユミギリ式発火具の使い方。


 縄文時代のひおこしとは・・・・・?

 縄文人の火おこし方法は、3種類。

 1.「キリモミ式発火法」

 2.「ヒモギリ式発火法」

 3.「ユミギリ式発火法」

 日本列島では1の「キリモミ式」で火をおこしてました。
 一方、「北方縄文人」と呼ばれる、現在の北海道周辺では、
 2と3の「ヒモギリ・ユミギリ式」で火をおこしていました。
 「回転摩擦式」というのは、木と木をこすり、摩擦熱で火種をつくるものです。


●火おこし「ナンデモ」ランキング●

○「火種をつくるスピード(初心者)」
1.ヒモギリ式
2.ユミギリ式
3.キリモミ式

 解説:ダントツに早いのは、ヒモギリ式!
    たけやま森の学校では、幼稚園の女の子でも成功。
    ヒモギリ式の平均タイムは、20秒(初心者)か。


○「難しさ(初心者)」
1.キリモミ式
2.ユミギリ式
3.ヒモギリ式

 解説:初心者でキリモミ式はほとんど無理!
    しかし、大工のおじさんがイキナリ火種を作った。
    やはり、出来る人はデキル!
    

○「持ち運び」
1.ヒモギリ式(コンパクト)
2.ユミギリ式(弓が少し邪魔)
3.キリモミ式(火きり棒が長い)

 解説:ヒモギリ式はバックに楽々入る。
    ユミギリ式はキリモミ式より若干短いかな?
    リュックからピョコンと出てる、棒は風情あり。


○「カッコ良さ」
1.キリモミ式(板と棒のみで発火)
2.ユミギリ式(1人でおこす)
3.ヒモギリ式(2人でおこす)

 解説:キリモミ式ダントツトップ!
    板と棒だけ。ウソみたい。シンプルで驚く。
    ユミギリ式も早ければ○。ヒモギリ式はまな板ショーでやると○


●たけやま森の学校が販売する「縄文の火おこし」●

 ○「縄文の火おこし」シリーズ、第1弾○

   『キリモミ式発火具セット』 ¥1,500

  解説:一番シンプルなセット。
     火おこしに最適な、平田村産スギ間伐材、
     平田村産ウツギを贅沢に使用。
     慣れれば早い。世界記録は火種まで5秒。
     大人・指導者・上級者に人気です。


 ○「縄文の火おこし」シリーズ、第2弾○

   『ヒモギリ式発火具セット』 ¥2,000

  解説:北方縄文人のハイテク発火法セット。
     材料・規格とも研究しつくされた、品質とデザイン。
     カートリッジ式ウツギを採用し、メンテナンスも楽々。
     体験学習・総合学習、参加型イベントに最適です。
     ※火おこしがよく分かる、詳しいパンフレット付!


 ○「縄文の火おこし」シリーズ、第3弾

   『ユミギリ式発火具セット』 ¥2,500

  解説:更に進化したハイテク発火具セット。
     ヒモギリ式に、天然木弓を加えたもの。
     慣れれば火種まで10秒弱。
     指導者、教師、検定受検者向け。




     火おこし方法


 「縄文の火おこし」を購入したい皆様へ

※※※※ ※※※※ ※※※※ ※※※※ ※※※※ ※※※※ ※※※※ ※※※※


 「縄文の火おこし」は:「道の駅ひらた」で販売しております。

 住所:福島県石川郡平田村大字上蓬田字横森後160番地

 ぜひ、道の駅ひらたへ、お越しくださいね!!!!!

※※※※ ※※※※ ※※※※ ※※※※ ※※※※ ※※※※ ※※※※ ※※※※


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.