000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペルテスっ子

懇談会・第一回

懇談会 第一回 2003年 12月 (発症後 7ヶ月、入院後 3ヶ月 経過時)


病院では、年に2回
『 父母懇談会 』が有ります。

医師、病室担当の
看護士、訓練担当の理学療法士、生活全般の指導員の方
普段お世話になっている方達との、面談の日です。

皆さん、いつも忙しくされているから、じっくり話を伺う良い機会です。

私達が一番知りたいのは、
takuの骨頭が、今どうなっているか? という事です。
レントゲン写真を見ながら、お話を聞きます。

医師の
M先生が、takuの発症した頃の写真と、最近の写真を並べて説明してくれます。

「比べると、骨頭が溶けてきてるのが判るでしょう?
まだ溶けている最中だね。 個人差は有るけど
約一年くらい掛けて溶けて、その後また一年くらい掛けて再生してくるから。」

他の
症例写真も見せてくれました。

ちゃんと
治った場合は、骨頭が元通りに近い丸い形になり
再生が
上手くいかなかった場合は、骨頭は潰れた様な形になってしまう・・・。

骨頭が、ちゃんと丸くなるように、週末も装具を着けていなきゃ! と改めて思うのだけど
takuは、絶対にちゃんと治る・・・絶対に! って信じていました。

看護士さんや、指導の先生からも、普段のtakuの元気な様子を聞く事が出来て
身体の事以外は、特に心配する事も無く、ひと安心です。(^-^)


次の 『 父母懇談会 』 は、2004年 7月です。 待ち遠しい思いでした。


   <  病気の経過は 『 懇談会 第二回 』 に続きます。  >




© Rakuten Group, Inc.