201943 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペルテスっ子

懇談会・第二回

懇談会 第二回 2004年 7月 (発症後 1年2ヶ月、入院後 10ヶ月 経過時)


とても待ち遠しかった、懇談会の日がやって来ました。

M先生が、
最近のレントゲン写真を見せてくれます。

「これは、骨頭が有る部分を後から撮った写真なんだけどね
幸いな事に骨頭がまだ残っている。
ここが全部溶けないで、再生が始まったら上手く治る可能性が高い。」

「全部溶けて、最初から再生するより、ある程度残って再生が始まる方が
治りが良いのは当たり前だよね。
この部分が、残るか残らないかは、あと3ヶ月位経たないと判らない。
次の12月の懇談会の時には、ハッキリしているでしょう。」



M先生に挨拶をして部屋を出た私は、心臓がドキドキしていた。
あと数ヶ月の間に、takuの足がこれからどうなるか決まる。

ちゃんと丸い形に再生してくるか・・・
takuのこれからの人生が掛かっている。

この大切な時に、私達はtakuに何がしてあげられるだろう・・・?? 見ているだけです。
何も出来ない・・・。でも祈る事、それだけは出来る。

願を掛けよう・・・! 私の心は直ぐ決まった。(^ヘ^)v

夜、帰宅した夫に、今日M先生から聞いた事を、詳しく話す。


「12月の懇談会まで、二人で願掛けしよう!
takuの一生が掛かってるんだから・・・!」

「え~~!?」

大切な何かを手に入れたかったら、大好きな物を断つ・・・
くらいの強い気持ちが無ければ
願いは叶わない・・・。私は、そんな気がしたのです。


「そんな事しなくたって、takuはちゃんと治るよ!」
最初は、気乗りしない様子の
でしたが 、煙草を止める事にしました。

ペルテスの
発症原因の一つには
家庭内に喫煙者が居る 》 という事も挙げられていましたし・・・。
私にも嬉しい選択でした。

さて、
私が何を絶ったかというと・・・甘いもの・・・です。(^o^;

笑わないで下さい。本人にしてみれば、大好きな甘いものを絶つのは、凄く辛いんですからね!

実は、
オマケが有って・・・。この願掛け、takuにも話したんですが
「大原則として、絶対甘いものは食べないつもりだけど、
TPOってものが有るんだから・・・!」

つまり、例えば職場で皆で、お饅頭を食べたりするでしょ。
その時に、私だけ食べないと 「なんで? なんで?」と聞かれる。σ(^◇^;)。。。

最初の内は、なんとかやり過ごしていたんだけど・・・。
願掛けの事は、あまり人に話したくないし、親しい人にだって、一々説明するのはね~。

だから、時と場合に応じて・・・という事にしました。
それにしたって、普段は一切甘いもの禁止。かなりキツかったんだからね、taku!


願を掛けて、やる気満々の私たち。
気持ちも新たに、
12月の懇談会に向かう事になりました。(^ヘ^)v


   <  病気の経過は 『 懇談会 第三回 』 に続きます。  >



© Rakuten Group, Inc.