000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペルテスっ子

両足装具卒業 (^〇^)

両足装具卒業。(^〇^)


12月の懇談会の後に、撮ったレントゲンで、骨頭の再生の状態が良好だったようで
M先生と、病院内で顔を合わせた時に

だいぶ良いですよ。行いが良いのかな!?」と笑って教えてくれました。d(^O^)b

期待通りの展開に、 ホッとしました・・・!


2005年 3月24日 木曜日

夜、病院のtakuから電話が有って


「お母さん、俺、4月から 『 シュナイダー 』になる!」
「えっ!? 本当!?」

「ホンと! 今日、装具(シュナイダー装具)の寸法 測ったから!」
「わぁ~! 良かったじゃん!!」 \(^O^)/


この時の、takuと私の喜びと言ったら・・・
もうっ! 大感激でした!!

1年7ヶ月間の車椅子生活。長く掛かる病気と判っていても・・・。
退院して行く友達や、シュナイダーになった友達を見るに付け、一体いつまで、車椅子の生活が続くのだろう?

という
《 先の見えない不安 》 が、つい頭をもたげていたから。

あぁ~!
一歩前進だ。本当に嬉しい!

この日のtakuからの電話が、
嬉しい事の始まりでした。(*^_^*)


4月に入って

「俺、装具取れた!」

「え~!? もう装具しなくて良いの!?」
「夜、寝る時はまだ着けるんだけど、
昼間はもう着けなくて良いって!」
「そう! 良かったね~!!」


その報告の後、シュナイダー装具が、出来上がってきました。
いよいよ、
松葉杖を使ったシュナイダー歩行の訓練が始まります。

車椅子から降りて、杖を使って、左足をつけて立つ。
今までとは、目の位置が違います。
とっても、とっても嬉しかったtakuです! (^〇^)

そして・・・!
2005年
4月26日の日記のタイトルは 『 驚くなよ~!』

「驚くなよ~!」

「何!? 何!?」
「今日から松葉杖になった!」(^ヘ^)v

「えぇ~!!」\(◎o◎)/


takuは、とっても嬉しそうで、私も大感激で・・・!
「やったやった! 良かった良かった!!」と舞い上がったのです!

ですが、
ここからちょっと大変でした。(^o^;

1年7ヶ月間の、車椅子生活でtakuは、10キロ太ってしまいました。
身体も、スッカリなまっています。

右足が、地面につかない様に、シュナイダー装具で吊って杖を使って歩く訳ですが

とっても疲れてしまうのでした。

両手の平が、マメだらけで・・・「どっこいしょっ!」という感じで歩いていて・・・。
「まだ、始まったばかりだから疲れるんだよ。」と言うtakuに
「疲れた? 大丈夫?」とすぐ、私は訊いてしまって。(^o^;

私は、松葉杖というのは、脇の下で体重を支えるものと思っていたのですが
そうじゃなくて、手の平で支えるんだと、takuは言います。

だから、マメだらけで・・・。

最初は、どうなる事かとハラハラで・・・。

週末外泊の時も、いつも車椅子を持ち帰りました。
杖だけで、移動したら疲れちゃうから。

一番
大変だったのは、やはり最初の2週間で、それから先は少しずつ慣れていったようです。


そして、ついに
6月14日 takuから嬉しい報告が・・・!

「今日ね、診察が有ったんだよ。
今日から夜も装具着けなくて良いって!
「そうなの!? 良かったね~~!!」(^〇^)

入院して、1年10ヶ月足らず・・・。
ついに装具と完全にお別れ・・・!
感無量・・・
って、こういう気持ちなんでしょうね。

この日の、私の気持ちは6月14日の日記に書いてあります。

あんなに心配していたシュナイダー歩行も、この頃はスッカリ慣れて、スイスイって感じになっていましたよ。
やっぱり 《 習うより慣れろ 》なんですね・・・!

taku

takuの骨頭の再生は、とても順調みたいで、
今後の経過がとても楽しみな私達でした。(^-^)



   <  病気の経過は 『 懇談会 第四回 』 に続きます。  >



© Rakuten Group, Inc.