000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペルテスっ子

退院後、初めての検診

退院後、初めての検診  (発症後 3年3ヶ月、退院後 5ヶ月 経過時)


2006年 8月22日火曜日

退院してから初めての検診です。
退院して5ヶ月。病院も、久し振りにお会いするM先生もとても懐しく感じます。」(^-^)

レントゲン写真を見ながらの先生の第一声は

「ペルテスはもう治っちゃったよ。」
「えっ!? 本当ですか~~!?」\(◎o◎)/

「きれいに丸く治ってるからね。」
「 でも・・・まだ100%ということじゃないですよね??」
「そうだね~。でも、
もう殆んど100%に近いって思ってくれていいよ。」
わ~~い! 最高の気分! \(^O^)人(^O^)/

写真に写る骨頭の一部分を指差して
「ここがね、すこ~し影が薄いの判るかな?」
「う~ん?? あっ! はい!」
言われなければ判らないくらいです。前回より、かなり影が濃くなっていました!

「もうそこまで治っちゃってるからね。
九月からは体育もやっていいよ
ただし
専門的に身体を鍛えるようなことは来年の四月までは駄目だよ。」

先生の話は、ほぼ私の予想通りでほっとしました。(*^_^*)

私はすかさず気になっていることを訊きました。

「秋には
マラソン大会の練習が、年明けには、なわとび大会の練習もあるのですが、
それはどうでしょう?」
「やっても大丈夫でしょう。」

「え~!? 先生、私はそれはちょっと心配で今年(今回)はまだやらせたくないのですが…?」
「大丈夫だよ。」

「でも…かなりハードなんですよ~。」
「うーん…じゃあ今回は止めておいて、
来年の四月に全て解禁としましょう!
次は、冬休みにまた来て下さい。」

「判りました・・・! ありがとうございます!!」

かなりの心配性ですよね・・・私は・・・! σ(^◇^;)。。。

夕方帰ってきた夫に今日の報告をしたらtakuに向かって

「良かったなtaku!」(^〇^)

そして  「治ったならマラソンだってやればいいじゃん。」
「だから~ それは、私はまだやらせたくないの。
自転車や水泳で4月までに体力つけておけばいいでしょう~。」

母の気持ちと、父の考えはやっぱり少し違います・・・((((((^_^;)



病院に行った翌日の夜のこと


「俺、今日走ったよ。」(^-^)

「えっ!? 走ったの!?」

「走ったよ。ジャンプもしたよ。」
「え~!? ジャンプも!?」

「軽くだよ~。 だって、
もういいってM先生言ってたじゃん!

「・・・そうか~ 走ってみたかったんだよね。」と私が言ったら
takuは笑っていました。


あれも駄目、これも駄目とずっと止められてきたのだものね。
走ることも、飛び跳ねることも、ずっとやってみたかったんだよね。

病気で1番辛かったのはtaku本人。
私は退院してからの、takuの心の奥の気持ちに気付いていなかったなぁ。


taku・・・ごめんね・・・!!


さあ、9月からは今までよりもっと楽しい学校生活が始まります! (^〇^)



         <  続 く  >




© Rakuten Group, Inc.