000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペルテスっ子

小学2年

小学2年 Aグループ時代


Aグループは、1年~3年の男女合計7人の(takuを入れて)賑やかなグループです。
先生は、A先生とT先生(女性)、そしてtaku担当のN先生です。

教科毎に、先生が変わるのは、転入してきた時の説明で聞いていました。
授業を受ける子供達も、その度に変わる訳です。学年が混ざったグループですから。

takuの場合は、
国語の授業は、なんと先生と1対1でした・・・!
みんなが、いつも居る教室の隣に、予備の教室が有って、黒板の横にはtaku専用の
『時間割・taku君』が拡大コピーされて、ドーンと張ってあって、ビックリでした。(=^・^=)☆

学校では、先生が連絡帳を書いて、子供の様子を親に知らせてくれます。
新任の、
N先生(Aグループ担当)がtakuの国語の担当で、そしていつも連絡帳を書いてくれる先生でした。

takuが、9月に転入して来る事に伴って学校に着任された。言わば
takuの為の先生。
1対1の授業。教えるのは、若くてカッコいいN先生。

実は最初は、(ちゃんと勉強をみてもらえるのかな?)
なんて失礼だけど思ってしまった。(^o^;
けれど、そんな
ちっぽけな不安は、直ぐに消し飛びました。

毎日の様に書いてくれる連絡帳の文面を読めば、takuの楽しそうな様子はモチロン
N先生が、いかに
熱心にtakuをみてくれているかが、伝わってくるからです。(^-^)

先生は、昼休みまでtakuと体育館で遊んでくれる様な、
優しい人でした。

好奇心いっぱいのtakuに、
太陽系の惑星
《 水・金・地・火・木・土・天・海・冥 》 の話をしてくれたり

数の位、一、十、百、千、万、億、兆 の更に上の位、

《京(けい)、垓(がい)、じょ、穣(じょう)、溝(こう)、澗(かん)、正(せい)、載(さい)、極(ごく)、
恒河沙(ごうがしゃ)、阿僧祇(あそうぎ)、那由他(なゆた)、不可思議(ふかしぎ)、無量大数
(むりょうたいすう) 》

を教えてくれたのも、N先生でした。

takuは両方共、直ぐに覚えて空で言える様になって、私に聞かせてくれました。

「お母さん言える!? 俺すごいでしょ!?」って、とっても自慢げに・・・!(#^.^#)

勉強とは、直接関係のない事ですが、takuはそういう
雑学が大好きです。(^-^)



12月 クリスマス会

taku達のレインボウチームは雪だるまの形のケーキを作ったそうです。
投票でケーキ大賞を頂き、景品も貰えて大喜びだったそうです。d(^O^)b


ケーキ作り.jpg





病院のそばの、普通小学校との交流


9月に転入して来てから、takuは時々 N先生に、近くの小学校に連れて行ってもらいました。
一緒に、勉強したり、遊んだりする
交流活動です。

養護学校の中に居ると、体が不自由な事を、あまり意識しないけど (殆どの子が車椅子使用だから)
普通小学校の、子供達と過ごす時は
(思い通りに、体が動けば良いのに・・・。) と、
もどかしい気持ちも有ったようです。

でも、養護学校とは違う活気溢れる雰囲気。
健康な大勢の、同学年の子供達と接する事は、
takuにとって、とても有意義だったと思います。

交流.jpg

N先生から、伝え聞く交流の様子は
教室で、takuの通る道を広く空けてくれたり、ドッジボールをやる時に、自然にボールが回ってきたり
子供達は優しく、takuもとても楽しんでいたそうです。(^-^)



転入生


1月になって、1年生のS君が転入して来ました。
takuと同じ 
『 ペルテス氏病 』 です。

入院当初、同じペルテスの子が、takuが入院している間に、入院してくるのかな・・・。
と、ぼんやり思っていたのが、現実になりました。

「S君はね、
病気になったばかりじゃないんだって。だから、もう装具を持ってるんだって。」
聞くところによると、発症してから、少し時間が経過しているのだそうです。

「だから、
俺より早くシュナイダーになるらしいよ。」と、taku。
あぁ、そうなんだ。 そういうパターンも有るんだ。

隣のベッドになったS君は、病院でも学校でも、takuの
良い遊び相手になってくれました。(^〇^)


3月 Aグループとの、お別れ


最初は、不安な気持ちでいっぱいだったのですが・・・。
そんな気持ちは、何処へやら・・・。(^o^;
学校で過ごすtakuはとても楽しそうで、すっかり安心してお任せしていました。

養護学校の、ほのぼのとした暖かい雰囲気。
それは、takuが2歳から小学校入学前まで過ごした保育園に、少し似ていました。

子供の様子を、丁寧に知らせてくれる
連絡帳。
調理実習
や、校外学習、交流活動。
秋の
「さつま芋パーティ」、冬の「クリスマス会」 楽しいイベントが盛りだくさんでした!


2年生最後の日

この日を最後に、転校する友達のお別れ会が有りました。
友達が、1人いなくなるのは
寂しい。

優しいT先生が、涙ぐんでしまったんですって。そしたら・・・。

「最後の日だから、笑った方が良いよ。」とtakuが耳打ちしたそうです。(*^_^*)
takuらしい~~!!


いつもtakuを見守ってくれた、3人の先生方には、
感謝の気持ちでいっぱいです。

特に、taku担当の
N先生。
色々教えて下さって、たくさん遊んでくれて、いつも優しく励ましてくれて
本当に、ありがとうございました。(^-^)/~


     <  学校の話は 『 小学3年 』 に続きます >



© Rakuten Group, Inc.