000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

`∀´)ニヒヒヒ…

昼休みにコツコツと…

第1話

「振り返ればヤギ」


学校から帰って家に入ると、ヤギがコタツでくつろいでいた。
…。
俺「あ、こんにちは。ペコ」
俺は見知らぬお客に丁寧に挨拶をした。
家でも学校でも挨拶はキチンとしなさいと厳しく言われてるのだ。
ヤギ「…」
スルーかよ!
心の中で殺意を覚えた。
(呑気に口をクチャクチャさせやがって…何を食べてるんだ…?)
…!
(俺のカレーパンじゃねーか!
(学校から帰ったら食べようと思って愉しみにしていたのにぃぃぃ!)
しかし俺も男だ、グッと怒りを堪えて尋ねた。
俺「あの…どちら様でしょうか?」
ヤギ「…」
(やはり反応無し…)ちっ!
…?
良く見ると、どこかで見た様な服…。
…!
(おい!てめい!俺のお気に入りのカーキー色のシャツを着てやがる!)
マジで殺意を覚えた。
ヤギ「バハハハハハハ!
突然、ヤギが笑い出した。
(な、なんだ?!)
奴が笑ってる方を見た。
玄関に、俺の彼女の「とんまるこ」が立っていた。
学校の帰りに俺んちに寄って、一緒に勉強しようと約束していたのだ。
俺「あれ?もう用事済んだのか?」
とん「…うん…なに?あれ…ヤギ?しんじらんな~い」
彼女はゲラゲラ笑うヤギを不愉快そうに見た。
ヤギ「バハハハハハハハ!ブス!
とん「何よ!失礼ね!」
タタタタッ、バンバンバン!
彼女は土足で上がると、ヤギに往復ビンタした。
ヤギ「ブヒーーーー!」
ヤギは泣き出した。
ヤギ「ブヒー~~!」
いや、泣くっていうより、悲鳴に近かった。
仲間を呼んでる様にも見えた。
(は?!…もしかして仲間が居るのか?…)
俺は焦った…。
「誰だぁ~!俺のダチ泣かすのは~!」
家の奥から、大男が出て来た。
親父だった。
親父「くぅらぁ~わしの可愛いしんちゃんを虐めるのは誰だぁ~」
(しんちゃんて名前かよ!)
親父は身長2m7cmある。昔、全日本のメンバーに選ばれた事がある。
卓球で…。ぷぷっ。
親父「ま、良いわい。そんなことより、トランプやらねーか?トランプ。折角、4人揃ってるんだしの~」
(ヤギも数に入ってるのかよ!)
ヤギ「バヒィィィ~!」
(歯剥き出しで喜んでるし!)
とん「オジサン、私やるって言ってないわよ。勝手に仲間に入れないで!」
とんまるこが、河豚の様に頬を脹らまして言った。
親父「ありゃ!フカキョンが来てるのかと思ったわ!
とん「私、トランプ大好き♪
ヤギが手を叩いて喜んでいる。
親父「じゃ、久しぶりに神経衰弱でもやるか? なぁー、しんちゃん!」
ヤギ「ブヒブヒ!ビヒヒヒ~!~~~」
かなりトランプが好きなようだ、部屋中転げ回って喜んでやがる…。

…時間経過…。

結局、トランプは親父の一人勝ち。
とんまるこは怒りだすし、ヤギはトランプを食べ出すし…。
散々な、俺にとっては無駄な時間だった…。

親父「よし!腹へったから焼肉にでも行くか!?」
ヤギ「!ブヒブヒブヒ~~!!」
ヤギがまた手を叩いて、飛び上がって喜んでやがる。
俺「親父!金持ってるのかよ?」
親父は、ヤギに聞かれない様に、小さな声で、
「目の前に居るがな…美味しそうなのが、ウシシシシ…」
と言った後、チラッとヤギを見た。
そして、親父は口をぺろりとなめまわした。
…ゾゾゾ…。

何も知らず、しんちゃんは跳ね回っていた。
側で迷惑そうに見ていたとんまるこの股間に、後ろ足がヒットしたらしく、
また、往復ビンタをくらっていた。

親父「さぁ、みんな車に乗れ!」
俺「車で行くのかよ!直ぐそこだろ?」
親父「まぁ、つべこべ言わず乗った、乗った。しんちゃん!運転頼むわ」
ヤギ「ブヒヒヒ~!」
(運転するのはヤギかよ!)

ヤギ「ガヒブヒボヒ」
親父「みんな乗ったか?って言ってるぞ」
通訳かよ、親父!

車が走りだした。
無難に運転をこなすヤギ、助手席でアドバイスする親父…?
親父「しんちゃん、これがハンドルでこれがスピードメーター…」
初心者かよ!

親父「…?なんだ?文句あるのか?…そうか、若葉マークを貼ってないのが
気にくわないのか?」
そこじゃねーだろ!
とん「降ろして!こんな馬鹿一家と一緒に死にたくないわぁぁ~!」
親父「ん?ありゃ、よく見ると横顔が伊東美咲にそっくり!ん~いや、それ以上かも!」
とん「ああ~ドライブ最高!風が気持ち良い~!」
と、目をつむり大きく息を吸い込んだ。
俺「とんまるこ!目を覚ませ!お前が嗅いでいる匂いはヤギの鼻息だ!」
とんまるこが目を開けると、目の前に、歯を剥き出しにしたヤギの顔があった。
キャー!!バシ!
平手打ちされたヤギは上手い事クルッと回って前を向いた。
親父「しんちゃん、あんまりよそ見するなよフフフ…」
ヤギ「…うう…ヒック、…ヒック」
しんちゃんは、しゃくり泣きしながら運転を続けた。


暫くすると、
親父「お、いたいた!しんちゃん、あそにハンドバックを持った人がいるだろ?あそこの前で止めてくれ」
左前方8m先ののバス停の辺りで、何やら大きな荷物を持った女性が立っていた。
こんな遠目でも、目がチカチカする程の派手な服装だった。
俺「誰?親父の知り合い?」

親父「…!ちょと待て!…今すぐ止めろ!
親父がその女性を凝視しながら叫んだ。

しかし、ヤギの運転する車は止まろうとはしなかった。

親父「しんちゃん!止めろ!奴は囮だ!しんちゃ~~~ん!」
助手席にいた親父は逃げるように、後部座席に移動してきた。

俺「親父!なんだ?どうしたんだ?!」
問い質す俺の言葉を遮り耳を押さえ、かくれんぼのようにしゃがみこんだ。

(なんだってんだ?囮って何のことだ?…)

俺はその女性を見た。
ぎょ!
俺は自分の目を疑った。
女性と思われていたのは、男だった。

親父「しんちゃん!止まるな!飛ばせ~!奴に見つかる前に~!」
親父が後部座席に頭を抱えながら叫んだ!
ガタガタ震えていた。

ブォォォォォ~~~!
その言葉には反応したのか、ヤギはスピードを上げた。

そして見た。
その女性の、いや、男の前を擦れちがう一瞬に目が合ったのだ。
まるで、飢えた野獣のような、もしくは冷血動物のような目だった。
<主食は人間>ってな感じので、俺は背筋が凍った気がした。

親父「…過ぎたか?…見つからなかったか?…」
親父が震えながら聞いた。
俺「ああ、大丈夫。通り過ぎたぞ」
親父「…本当か!よし、やったぞ、しんちゃん」
親父は嬉しそうに首を出して来た。
俺「何をびびってんだ、親父!あははは」

ヤギ「ぶひひひひ!
しんちゃんが、バックミラーを見ながら素っ頓狂な声を発した。
俺たちは一斉に後ろを振り返った。

…!

あの女装した男が新型ターミネーターの如く追いかけて来ていた!

とん「なぁ~に、あれ。あはははは!本気で走ってる~!あはははは!」
鈍い彼女にはこの場の状況が把握できていない。
しかし、俺には直ぐ判った、無表情で追いかけて来る男がどんなに恐ろしい奴なのか。
あの、恐いもの知らずの親父がこれほど怯えているのを見るのは、死んだかあちゃんに、出刃包丁を持って追い掛け回されて以来だろう。

親父「しんちゃん!スピードアップじゃ!」

ヤギ「ぶひぃぃぃいい!」
ヤギはアクセルを力いっぱい踏みつけた。

とん「あら?あのオカマ見えなくなったわ。残念ねー!あはははは」

親父「そうか!引き離したか。ちょっとは一安心だな、ふう~」

とん「あ!来た来た♪自転車に乗ってるわ!」
嬉しそうに、とんまるこが叫んだ。

親父「な、なに!
慌てて振り向く親父。

何処で盗んだのか判らないが、新型のスポーツタイプの自転車を高速回転させて、俺達を追って来ていた。

親父「ちくしょ~ひつけ~野郎だぁあ~。しんちゃん、運転代われ」
スルリと二人は入れ替わった。

親父「散弾銃で吹っ飛ばしてやる…。しんちゃん、後部座席の下にある箱を出してくれ」
ヤギはゴソゴソとやっていたが、やがて箱の中から黒いものを引っ張り出した。

しんちゃんは、散弾銃を抱えた。

撃つのはヤギかよ!

ウィーン。

助手席の窓を開けた。

ヤギは身を乗り出し、散弾銃を構えた。
ちょうど、暴走族がよくやる箱乗り状態だ。
いつのまにかサングラスまでしている。

とん「いやぁ~カッコイー。西部警察の渡哲也みたぁ~い♪」
ヤギは気を良くしたのか、ニヤッっと笑った。

親父「しんちゃん、よく狙えよ~一発でしとめないと大変な事になるぞ」

ヤギ「バフバフゥ~」
親指を突きたてた。

どれが親指か解からねーよ!

ドッキューン!
ヤギがぶっ放した!

ボ~ン!
「ぎゃお~!」
命中したらしい。
断末魔の様な声をだして、オカマは俺達の視界から消えた。


しかし、その衝撃でヤギが窓から落ちそうになった。

親父が両手でヤギの足を咄嗟に掴んだ。

キキキキキー!
意思持たないハンドルは勝手に切れていった。

うわ~~~!
車は路肩に乗り上げて、目の前にコンクリートの壁が見えて来た。

とん「ああ~!もうダメ!死んじゃう~!こんな事だったら、腹一杯メロン食っとくんだったわぁあ~!

俺「親父~!ヤギの足を離せ!ハンドルを切れ~!ぶつかるぅう~~!」

親父「嫌じゃあ~!大事な焼肉、離すもんかぁ~あ!


第2話

「振り向けばカピパラ」

女「おじさま、おじさま~!起きて、起きてちょうだい!」

親父「…ん?なんだ?誰だあんた?」

女「なに言ってるの!わたしを忘れたの?もう、酷い!」

親父「…うう…良くわからんけど…えらいべっぴんさんやな~結婚してくれ!

親父が飛びついた。

俺「親父!そりゃとんまるこや!

と、俺が忠告する前にとんまるこにぶっ飛ばされていた。

ドサッ!ゴロゴロゴロ~ボコ!

2メートルほど飛んで行って、椰子の樹に頭をぶつけて、また気絶した。

…。

とんまるこの破壊力あるパンチは常人を超えている。

…こいつだけは敵にまわさまいと、心に誓った俺だった。

横でヤギが手を叩いて喜んでいる。

とん「ホント困るは、あんたの親父。またエッチな夢見てんでしょ」

俺達は無人島に流れ着いていた。


「ニッポン!チャチャチャ!ニッポンチャチャチャ!ニッポンチャチャチャ!」

突然、ニッポンコールが起こった。

!?

とん「なに?どこから聞こえるの!この異様に揃った声援!」

俺「…?」

俺達は辺りを見回した。

(無人島じゃなかったのか?…)

ヤギ「ブヒ~!」
ヤギが遠くの崖を指差した。

そこには青いユニホームで決めた、4人のサポーターが居た。

そのサポーター達も俺たちの事を気づいたらしく、急な崖を一斉に駆け下りて来た。
とん「いやぁああああ!気色悪いぃぃいいい!」
ヤギ「ボヒィ!」
とんまることヤギが俺の後ろに隠れた。
彼らは凄い勢いでこっちに向かって走って来た。
遠くて判らなかったんだが、だんだん近づいて来てよく見ると、彼らはみんな笑っていた。
中国歌劇団か朝鮮民族舞踏団のように作り笑いだ。
(き、気色わるい…)
中にはまるで旧知の仲の様に手を大きく振っているのも居た。
サポーター「お~~~い!」
そして、もっと
近づいて判った事が…
奴らの手には大きな出刃包丁が握られていたこと!

俺「逃げろ!奴らは俺たちを殺す気だぁ!」





































© Rakuten Group, Inc.