000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

`∀´)ニヒヒヒ…

映画「悪魔のいけにえ」

『悪魔のいけにえ』
(故 淀川長治風でお送りします)

いや~恐いですね~。タイトルを読むだけで内容が分かっちゃいそうですね~。
そうなんですね~。 ホラーなんですね~。本当に恐いんですね~。
この作品はどこで、どう、間違ったか、観ちゃったんですね~。
中学生の頃ですね~ブルブル。
タンタンと後、誰かもう1人(忘れた、しょうべんかも…)と、岡山の駅前にあった映画館(たしか、セントラル?だったっけ…)まで、チャリンコを飛ばして見に行ったんですね~。

実は俺達は『明日に向かって撃て』のリバイバル上映をめざしていったんですね~。
あの名曲「雨にぬれても」が挿入歌になってる西部劇の傑作ですね。
その同時上映が『悪魔のいけにえ』…だったんですね~。
凄いですね~…同時上映があったってのも凄いけど、抱合せでホラーを上映するなんて…。
センスぶっ飛んでますね~。
こわいですね~。何にも知らない底抜け3人組ですね~。
悪い事に、最初に始まったのが『悪魔のいけにえ』だったんですね~。

内容を紹介すると、

キャンピングカーでホリデイを楽しむ男三人、女二人の若者5人。
映画の前半でヒッチハイックの男を乗せるところから、この内容が異様だと、観客は理解するのに時間はかからなかったですね。
普通と思っていた、その男は突然自分の手首を切って笑い出す。
そして、彼らに面白そうに、斬りつけて来た!
車内は騒然とする!
(カメラもドキュメンタリー風で、リアル感がよくでていますね。ただ、金が無かったて言う説もありますが…)
やっとの事でその男を引きずり降ろして平静さを取り戻す5人。

その後、静かな避暑地に車を止めてのんびりする若者達。
音楽もなく、静まり返ったシーンが続く。
(ほんと~に、静寂なシーンがつづき、この後の恐怖感をより高める効果が凄いですね)。
その中のひと組の男女が仲間から離れ、近くを散策にいく。
何をしに行くんでしょうね~興味しんしんですね~(笑)
そこで、ひっそりと建っている館を見つけた。
(『13日の金曜日』はこの作品をモチーフにしてるけど、出来はこちらの方がかなり上。)
彼女が忠告するのも聞かず、勝手に進入する男。
入口のドアを開けて、人を呼ぶが返事がない。
男はどんどん奥へ入って行く。
(観ている俺達は緊張のため生つばを飲む。隣のタンタンなんか、凄い大きなつばを飲み込む音がした)
外では女が男を呼び戻そうと名前を呼んでいる。
(何か嫌な予感がしたんですね。)
男は一番奥にあるジュラルミンの分厚いドアの前に行き着く。
突然! そのドアが バーン! と開かれ、中から大男が現われた。
顔には人間の顔を剥がした皮をかぶり、
手には屠殺場で使う大ハンマーを持って、進入して来た若者の頭を一撃した!
そして、倒れた若者をズルズルと引っ張り込んで、 バーン! と分厚いドアを閉める。
…。
時間にして、10秒ほどの出来事。
…観客は凍った。
この男こそ「13金のジェイソン、エルム街のフレディ、とならぶ、3大ホラーキャラクター、チェーンソーを振り回す殺人鬼
「レザーフェイス!」
その初登場シーンであったんですね。
恐いですね~



その後の展開は…DVDでも観てくださいね~。
あまりの恐怖に書くのもいやになりましたね…。
ちなみに、アメリカで実際にあった事件を元にしたらしいですよ~。

とにかく、その後、『明日に向かって撃て』を見たんですね~。
よかったですね~。
タンタンなんか、涙を流してましたね~。(^~^)
でも、どうしても、『悪魔のいけにえ』が頭から離れなかったのは言うまでもないですね。
恐いですね~。
たぶん、ホラー映画のベスト10をあげたら間違いなく、1位か2位ですね。
本当に恐いのは心霊現象や幽霊じゃなく、人間なんですね~。
あなたの隣人は大丈夫ですか~。
近くでチェンソーの音がしてませんか?

それでは、さいなら!さいなら!さいなら!


© Rakuten Group, Inc.