2009年07月06日

人と環境の調和 -オーガニック・コットン-

カテゴリ:エコロジー
【人と環境の調和 -オーガニック・コットン-】


農薬や化学肥料を使わない有機農法で栽培された綿のことを『オーガニック・コットン』といいます。

環境負荷を減らした地球への優しい製品ということだけではなくて、着心地の良い着る人にとっても優しい

ものです。

 オーガニック・コットン1


現在、コットン栽培では、防虫剤と防腐剤を使って種を保管し、種まき時には殺菌剤が、成長の過程では

除草剤と殺虫剤が、収穫期には枯葉剤が使用されています。

地球上の耕地面積の約2.5%に過ぎないコットン畑に、全世界で使われている殺虫剤の約16%、農薬

全体の約10%が使用されているそうです。

農薬漬けになってしまったコットン農場では、毎年何百万人もの人が農薬を直接吸込んだり、汚染された

水を飲むことによって健康を害しています。

また、一大産地であるインドでは、農薬を買うために借金苦に陥り、それが原因となって自殺したとみられ

る人は6年間で10万人にも及んでいるらしいです。

知らなかったのですが、コットンの栽培には人と環境を蝕む、数多くの問題があったんですね・・・

南北戦争は奴隷制をめぐる戦争でしたが、背景としてはコットンがありましたね。

 オーガニック・コットン2


オーガニック・コットン栽培では、化学薬品から生産者の健康が守られるのはもちろん、農薬や化学肥料を

購入しなくて済むため、人手は掛かっても借金を返済出来なくなるリスクは随分少ないです。

また、土中の微生物が増えて土壌が豊かになり、大地も本来の力を取り戻します。

多種類の作物が栽培できるようになるため、単一栽培と比べて天候などによる不作時の影響が最小限に

食い止められ、生活の安定にも繋がります。

更に、FAO(国連食糧農業機関)の報告では、農薬や化学肥料の原料となる石油の消費量などから算出

して、有機農法は慣行農法に比べてCO2の排出が48~66%も少なくてすむと指摘しています。

オーガニック・コットンは地球温暖化を止めることにも貢献すると期待されているんですね。


作る人や着る人に優しく、着心地が良く、環境にも負荷をかけない。

従って、オーガニック・コットンを選ぶことは、人と環境を守ることになるんですね。

しかしながら、未だ市場では十分に普及しておらず、全世界のコットン流通量に占める割合は約0.1%に

過ぎないらしいです・・・

フェアトレード商品やその他、オーガニック・コットンを買うことによって、持続可能な環境や健康を支えるこ

とが出来ると思います。
 
   オーガニック・コットン3    オーガニック・コットン4  ※オーガニックを着よう


オーガニック・コットンTシャツは、お手軽でありプリントも出来るのでお勧めです。

私も肌触りのみならず、デザインも好きなので好んで着ています。

流行なんか、なんのそのでかなりオシャレですよ。

  オーガニック・コットン5
 ※オーガニック・コットン カーデガン(タイ製)、パンツ(ネパール製)


通販等で手軽に買えるので、是非着てみて下さい。

 ヴェルダ ピープル・ツリー 

 ※写真は、グローバル・ヴィレッジより




<ブログランキング>
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 健康ブログへ







TWITTER

Last updated  2009年07月06日 11時04分12秒
コメント(0) | コメントを書く
[エコロジー] カテゴリの最新記事