2019年09月08日

無理。

(2)
カテゴリ:裁縫


戸籍上の配偶者とはこじれまくっているし、その親兄弟となんて全く会いたくないけれど
義長兄の奥さんと姪っ子たちには会いたい。
でも、実際に、帰省しなくては会えないから、会いたいねといいつつあっていなかった。
昔は帰省をしないというと、怒髪天を衝かれ、とんでもないことになったのだけど
3.11の二年前に大きな地震があってから、全く帰省するとはいわなくなった。
義姉によると、そのときの地震で、山が崩れたりして、見知った風景が変わったらしい。
そうすると、「現実を認めない」配偶者は怖くて帰省できない。
そこへ3.11がきたので、余計に帰省しなくなったのだ。

姪は二人いて、すでに成人済み、というよりも30近い。
下の子は結婚し、今年、二人目を出産した。
そして、家を建てた。
里帰り中に義姉と「会いたいよね~」なんていっていたら
横からこの姪が「あのさ、そういうのはもう、日程を決めちゃおう」と一言。
遠くはなるが、姪の家にいくのなら、義実家には立ち寄らなくてもいいし、
ばれない。
義姉ともう一人の姪は、ちょくちょく揃って姪のところへ行くから、
これまたばれない。
私たちのややこしい状況を知っている姪のご主人は
「大学の先輩の結婚式でこっちに来たことにして、せっかくだからちょこっと会った」ことにすれば
ばれても大丈夫じゃないかと発案。

とんとんと話もきまり、チケットも取れて、さて、お土産どうしよう。
以前から、「小さい子のおそろい服」がかわいいなぁと思っていたので
せっかくなら、「やってみよう!」
姪たちが小学生の頃、ワンピースを作ってあげたことがあるので、
まぁ、いけるだろうと思ったし、
かわいいニットの生地は着る年を選ぶので買いたかったというのもある。

縫う範囲は小さいから、早いといえば早いのだけど、細かい!!!!
なんとも細かい!!!
なんかもう必死で仕上げた、という感じ。
うん、やっぱりニットは難しい。
90以下は小さすぎてかえって無理!

間に合ってよかった…





TWITTER

最終更新日  2019年09月09日 14時19分46秒
コメント(2) | コメントを書く
[裁縫] カテゴリの最新記事