582924 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2007年02月05日
XML
テーマ:映画鑑賞(677)
カテゴリ:洋画-2005年
★★★★

鑑賞No:01326
製作:2005年
監督:ロジャー・ドナルドソン
主演:アンソニー・ホプキンス

今日は久々の有給休暇だったので、「世界最速のインディアン」を観ました。
この映画は、伝説のライダー バート・マンローの世界最速への挑戦を描いたもの。
ニュージーランドに住む63歳のバートは、彼が愛用するバイク“インディアン”で、米国ボンヌビルで開催されるバイクレースに出場するのが夢。
その夢をかなえるため、家を抵当に入れ単身米国に向かう。
幾多の苦難を乗り越え、ボンヌビルにたどり着いたバートはいよいよ世界最速に向けて始動する・・・。

レースもさることながら、レースに出場するまでの道のりで、さまざまな人とのふれあいのすばらしさが印象に残る。
変わり者で気難しさはあるものの、どこか憎めないキャラのバートに対し、周りの人たちがいつの間にか彼に協力しようとするのだ。
アンソニー・ホプキンスといえば「羊たちの沈黙」のレクター博士がすぐ頭に浮かぶが、イメージを一変させるくらいバート役を見事に演じている。
なおラストの“インディアン”での疾走シーンは思わず力が入ってしまった。



《裏話》
この映画の舞台となった1962年のボンヌビル塩平原でのバイクレースで、63歳で初出場したバート・マンローは世界最速記録を樹立する。
以来毎年出場し、1967年に68歳で自身の世界記録を更新している。
この記録は未だ破られていない。






最終更新日  2007年08月07日 08時18分15秒
コメント(3) | コメントを書く
[洋画-2005年] カテゴリの最新記事


PR

X

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

パイレーツ・オブ・… New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

接種を終えて… hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

© Rakuten Group, Inc.