583192 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2007年11月20日
XML
テーマ:映画鑑賞(677)
カテゴリ:邦画-2007年
★★★+

鑑賞No:01451
製作:2007年
監督:犬童一心
出演:松嶋菜々子/宮本信子/大沢たかお

さだまさし原作の同名小説の映画化。
東京で働く咲子のもとに、母の入院の知らせが届く。
急遽、母の入院する故郷・徳島に戻った咲子は、母親の余命が短いことを知る。
また、医師の寺澤から母が献体を希望していることを知り、思い悩むことに。
さらに、母子家庭で育ち、父は死んだものと知らされていた咲子は、父が生きており、東京で暮らしていることを知る・・・。

激しさはないが、静かに淡々と進行するストーリーに徐々に引き込まれていくといった感じの映画。
主演は娘役の松嶋菜々子だが、描かれているのは母親の生き様であり、娘に対する愛情である。そしてその母親の真の愛情を、母親の死に直面することによって娘は気付くことになる。まさに母親役を演じた宮本信子の気丈な演技が光る作品である。
ラストの本場・阿波踊りは壮観であり、その中で30年ぶりに再会する父と母の姿は涙を誘った。






最終更新日  2007年11月20日 04時53分22秒
コメント(4) | コメントを書く
[邦画-2007年] カテゴリの最新記事


PR

X

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

パイレーツ・オブ・… New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

接種を終えて… hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

© Rakuten Group, Inc.