000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2008年03月17日
XML
テーマ:映画鑑賞(675)
カテゴリ:洋画-2007年
★★★★+

鑑賞No:01507
製作:2007年
監督:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン
出演:トミー・リー・ジョーンズ/ハビエル・バルデム

第80回アカデミー作品賞ほか計4部門を獲得したコーエン兄弟の傑作。
ハンターのルウェリンは狩りの途中で死体と200万ドルの大金、そして大量のヘロインを発見し、金を奪って逃走する。一方、麻薬組織が放った殺し屋シガーは、行く先々で次々と殺人を犯しながら執拗にルウェインを追跡していく。
さらに事件の匂いを嗅ぎ取った老保安官ベルもこの2人を追いかけていた・・・。

前半から中盤にかけての追跡劇は手に汗握るハラハラ感いっぱいで、非常に興奮した。その分、後半の描き方やラストが雑なような気がしてやや消化不良感が残る。馴染みの出演者としてはトミー・リー・ジョーンズやウディ・ハレルソンがいたが、思ったほど存在感なく、役どころとしても結果的に印象薄いものとなった。それも殺し屋シガーを演じたハビエル・バルデムの存在感が大きすぎたのかもしれない。おそらく、冷酷かつ残忍な殺し屋として映画史に残る役どころだといえるし、アカデミー助演男優賞受賞も納得(ただし、他のノミネート者の作品は観いていないが・・・)。
メジャー作品のような豪華さ、派手さはないものの、地味だがしっかり作りこんだ作品という印象を受けた。






最終更新日  2008年03月17日 20時05分21秒
コメント(4) | コメントを書く
[洋画-2007年] カテゴリの最新記事


PR

X

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

トランスフォーマー… New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

老境に入って… hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

© Rakuten Group, Inc.