489894 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2008年04月07日
XML
テーマ:映画鑑賞(668)
カテゴリ:洋画-1950年代
★★★★+

鑑賞No:01066
製作:1957年
監督:セシル・B・デミル
出演:チャールトン・ヘストン/ユル・ブリンナー

<チャールトン・ヘストン 追悼企画1/2>

セシル・B・デミル監督が1923年に製作した「十誡」の再映画化。
エジプト王ラメシス一世は、新しく生まれるヘブライの男の子をすべて殺すよう命を出す。そんな中で生まれたモーゼは、母親によってゆりかごに隠され、ナイル川に流される。その赤子を偶然にも見つけた王女は引き取って育てることに。
成長したモーゼはエジプト王子として勢力を持ち始めるが、実の王子であるラメシスと次第に対立していく・・・。

220分というかなりの長尺だが飽きさせない、見ごたえのある作品。
やはりスペクタル映画はこの人といわんばかりに、チャールトン・ヘストンのモーゼ役ははまっている。
旧約聖書をもとにしてモーゼがイスラエルの民とともに聖地を築くまでを描いているが、やはり圧巻は紅海が真っ二つに割れるシーン。今でこそCG技術を持ってすれば容易に表現できるシーンかもしれないが、そんな技術のない50年前においてこの特撮シーンはやはりスゴイ!
それにしても特撮シーンだけでなく、エキストラや馬車の数も半端ではありません。CGで表現できない時代にあって、映画に賭ける意気込みというか、壮大さには脱帽する作品です。






最終更新日  2008年04月07日 04時54分55秒
コメント(4) | コメントを書く
[洋画-1950年代] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


歴史的にも~   Nobubu さん
見る価値のある映画ですよね。

この時代にこれだけのものを・・もの凄かったですね。
今でも色あせない映画の一つですよね。 (2008年04月07日 09時22分08秒)

Re:十戒(04/07)   りらっくままハッシー!^o^ さん
この感想、同じくです!
海が二つに割れるシーンは今でも覚えてます!
祖父と家で観た思い出の映画です♪
(2008年04月07日 12時59分02秒)

Re:歴史的にも~(04/07)   takusyun さん
Nobubuさん

宗教がらみの映画はあまり好きではありませんが、これはそういったものを超越した大スペクタル映画ですね。
何度観てもいい映画です。
(2008年04月07日 20時54分34秒)

Re[1]:十戒(04/07)   takusyun さん
りらっくままハッシー!^o^さん

たしかに海が割れるシーンは圧巻ですね。
50年も前によくあんなシーンが撮れたなと驚くばかりです。
(2008年04月07日 20時56分43秒)

PR

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

96時間/レクイエム New! おいら♪♪さん

あまり芳しくない話… hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.