583222 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2008年07月16日
XML
テーマ:映画鑑賞(677)
カテゴリ:洋画-1990年代
★★★★+

鑑賞No:00523
製作:1995年
監督:デビッド・フィンチャー
出演:ブラッド・ピット/モーガン・フリーマン

キリスト教の七つの大罪に基づく連続殺人事件を描くサイコ・スリラー。
巨漢の男が汚物にまみれ、食べ物の中に顔を埋めた格好で死んでいるという事件が起こる。男は何者かに極限まで食べ続けるように強要されたことが判明し、さらに現場には“GLUTTONY=大食”と書かれた文字が残っていた。退職まで1週間というベテラン刑事サマセットと、新人刑事ミルズがこの事件を担当するが、間もなく第二の殺人事件が起こる。そして今度は“GREED=強欲”という文字が・・・・。

独特の色調の中で、キリスト教の七つの大罪になぞらえて行われる猟奇殺人。しかし、気持ち悪さは多少あったが、残虐性は意外と低く、むしろラストにむけて淡々と進むストーリーに見入ってしまいます。
ブラピ、モーガン・フリーマン、そして犯人役のケビン・スペーシーと役者も揃って素晴らしい作品に仕上がっているが、やはりこの作品の評価を決定づけたラストはやはり衝撃的で、すべての布石はこのラストのためにあるがごとくだった。
映画のラストとしては後味が悪すぎるとの印象もあるが、「う~ん!こう来たか!」と思わず唸ってしまった衝撃のラストは必見です。






最終更新日  2008年07月16日 04時47分46秒
コメント(5) | コメントを書く
[洋画-1990年代] カテゴリの最新記事


PR

X

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

パイレーツ・オブ・… New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

接種を終えて… hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

© Rakuten Group, Inc.