505490 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2008年09月01日
XML
テーマ:映画鑑賞(668)
カテゴリ:洋画-2007年
★★★+

鑑賞No:01609
製作:2007年
監督:シェカール・カプール
出演:ケイト・ブランシェット/クライヴ・オーウェン

父王ヘンリー8世の遺志を継いでプロテスタントの女王として25歳でイングランド女王に即位したエリザベス。しかし国内にはカトリック信者が大勢おり、スペインを中心としたヨーロッパ列強もイングランド占領を狙うなど、内憂外患を抱えていた。さらにスコットランド女王メアリー・スチュアートの存在も争いの火種としてくすぶっていた。そんな女王の前に、新世界から戻ったばかりの冒険家ローリー卿が現れる・・・・。

前半は女王としてよりも女として悶々とするエリザベスの姿を描いていたため、今ひとつ盛り上がれなかったが、終盤のスペインの無敵艦隊との戦いには思わず興奮して観た。スペインの無敵艦隊を前に死を決意して雄雄しく戦おうとする一面があるかと思うと、従妹のメアリーを処刑しその罪の意識に苛まれるという、強さと弱さを併せ持った女王をケイト・ブランシェットが好演していた。
ウォルター・ローリーにまつわる色々なエピソードも歴史好きには大いに楽しめるものとなっている。






最終更新日  2008年09月01日 04時57分42秒
コメント(0) | コメントを書く
[洋画-2007年] カテゴリの最新記事

PR

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

ソードフィッシュ New! おいら♪♪さん

今年もルナソル りらっくままハッシー!^o^さん

なんとも利発な女の子 hy3de8さん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.