489532 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2008年12月02日
XML
テーマ:映画鑑賞(668)
カテゴリ:洋画-2008年
★★★★

鑑賞No:01657
製作:2008年
監督:ジャスティン・チャドウイック
出演:ナタリー・ポートマン/スカーレット・ヨハンソン

16世紀のイングランド。一家の繁栄を望む新興貴族のトーマス・ブーリン卿は、世継ぎに恵まれない英国国王ヘンリー8世の愛人として、聡明な長女アンを差し出すこことにする。しかし、国王の心を捉えたのは、すでに結婚していた次女のメアリーだった。一家は宮中に移り住み、メアリーは王の子を身籠る。一方、プライドを傷つけられたアンは一時フランスに追放されるが、再び呼び戻され、王妃の座を狙って策謀を張り巡らしていく・・・・。

ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの共演で話題になった作品だが、その話題にそぐわず、時代や男たちの欲望に翻弄される姉妹の苦悩と確執をよく描いていた。また姉妹でありながら、知的で野心家の姉と、心優しく控えめな妹をそれぞれよく演じており、見事な愛憎劇に仕上がっている。ただ女性側はよく描かれているが、国王ヘンリー8世の心変わりの様子があまり描かれていなかったのが少々分かりづらかった。
それにしても姉アンの人生は女性としてはまさに波乱万丈。一介の田舎貴族の娘ながら王妃にまで登りつめ、最後は斬首されるとは! しかしアンの産んだ娘は後に英国繁栄の基礎を築く女王エリザベス1世になるわけだから、歴史は面白い。
男性にとっては歴史映画として楽しめる映画かもしれないが、女性にとってはそういう時代とはいえ、男たちのエゴに憤る映画かもしれません。






最終更新日  2008年12月02日 06時16分24秒
コメント(4) | コメントを書く
[洋画-2008年] カテゴリの最新記事

PR

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

96時間 New! おいら♪♪さん

あまり芳しくない話… hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.