500368 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2009年02月05日
XML
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:洋画-1980年代
★★★★

鑑賞No:00139
製作:1988年
監督:フランシス・フォード・コッポラ
出演:ジェフ・ブリッジス/ジョアン・アレン

第2次世界大戦が終結して、アメリカが新しい時代を迎えようとしている中、デトロイト郊外の小さな街に住むタッカーは、自分の夢であった新しい自動車を作る決心をする。そして友人の協力も得ながら、ついに夢の車を作り上げ、世間からも注目を浴びる。しかしこれを快く思わない自動車産業のビッグ3や保守的な政財界は、次々とタッカーを攻撃してきた・・・・。

この映画も実在した自動車「タッカー・トーペット」とその開発者プレストン・トマス・タッカーの実話が基になっている。夢の車「タッカー・トーペード」は結局50台しか生産されなかったが、そのうち映画製作当時47台が現存しており、映画に使用されたというから驚きである。
物語は、夢と信念を持った男タッカーが、敵対者からのあらゆる非難や攻撃、妨害に屈せず、全ての疑惑も晴らし、裁判で無罪を勝ち取る話で、そういう点では感動ものではあるが、事業としては成り立たない現実を見せられ、どこか釈然としない気持ちは残る。
今、世界恐慌の吹き荒れる中、ビッグ3の経営危機が報じられる中、いまだ理解できない経営層の豪奢振りを見るにつけ、タッカーのような人材が潰され、自動車業界で繁栄しなかったことが残念です。






最終更新日  2009年02月05日 04時42分22秒
コメント(4) | コメントを書く
[洋画-1980年代] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:タッカー(02/05)   りらっくままハッシー!^o^ さん
今って政治家も自分のことばっかりだし、経営者も人ありきって感じじゃないし、何とも淋しい世の中になりつつある気がしますよね…☆
昔はパトロンとかって、金持ちが無償でいろいろな援助等を申し出たりしたとかって聞くと、今って目に見えないモノにお金を出す人も少ないもんなぁ…。
なんて、庶民は思うのでした☆
有名な映画なのに観たこと無いんですよ~!
評価もイイし、観たくなりました♪
(2009年02月05日 14時25分20秒)

Re[1]:タッカー(02/05)   takusyun さん
りらっくままハッシー!^o^さん

確かに今の世の中、世知辛く、自分本位な世界になってきたと思います。
義務は果たさないが権利は主張する人も多く、自分さえよければいいと言わんばかりの人も多くみます。
自分も反省すべき点がありますが、この映画を観て、夢に賭ける男の姿を堪能するのもいいかと思います。
(2009年02月05日 19時25分10秒)

Re:タッカー(02/05)   みみ☆19 さん
こんにちは
 ビデオでみました。マスコミの試乗会だか展示会に
裏では間にあうかと準備するドタバタぶりが印象にのこってます。
 そう援助者が芸術分野にも時代をこえてありましたが今は そうわけあたえる考えがうすれているようです。生まれたときから 財閥や創業者の一族だと決してホームレスにはならない。

 夢をかけるのも女性としては現実的なので うのみに賛成にもなりませんが…。バランスっが難しいです。 (2009年02月06日 10時33分53秒)

Re[1]:タッカー(02/05)   takusyun さん
みみ☆19さん

確かにバランスはあると思います。
えてして男は夢に賭けるだけでいいかもしれませんが、現実的な女性はそうもいかない部分もありますね。
(2009年02月07日 21時01分40秒)

PR

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

ウィンターズ・ボーン New! おいら♪♪さん

国際線での待ち時間… hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.