000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2009年02月23日
XML
テーマ:映画鑑賞(676)
カテゴリ:邦画-2007年
★★★

鑑賞No:01703
製作:2007年
監督:是枝裕和
出演:阿部寛/夏川結衣/樹木希林/原田芳雄

夏の終わりに、良多は妻・ゆかりと息子・あつしを連れて久々に帰郷した。良多は開業医だった父とは昔からそりが合わず、さらに現在失業中ということもあって、気の重い帰郷となっていた。実家には姉のちなみの一家も来ており、忙しそうに手料理を振舞おうとする母と、相変わらず家長然としている父の姿があった。ありふれた光景だったが、実はこの秘は5年前に亡くなった長男の命日だった・・・・。

特に何の事件も起こらない、ある家族の帰省の1日を描いた映画。最近多いですね、この手の映画。ホント、映画化する必要のない、どこにでもある帰省の風景です。でもなぜか惹きつけられます。実家の風景や会話にいちいち思い当たるところがあり、懐かしさもあり、なんか等身大で観れてしまうのですね。物語は良多一家が実家に帰省した1泊2日を描かいていますが、その短い時間の中に、15年にわたる亡くなった長男への思いや、この帰省から3年後も描かれており、単なる1日のドラマとは感じられませんでした。
原田芳雄、樹木希林ほか出演者たちの自然体の演技も、ごく普通の帰省風景を極めて自然に演出しており、特に私のような実家と離れて暮らす、子を持つ親に是非観てもらいたいです。






最終更新日  2009年02月23日 07時43分35秒
コメント(2) | コメントを書く
[邦画-2007年] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:歩いても 歩いても(02/23)   りらっくままハッシー!^o^ さん
日常のドラマの無いドラマみたいなの多いですよね~!
本なら心情があったりしてジンと来たりするんですけどね。
映像だと、その辺が上手く伝えられるかどうかが面白さの分かれ目になる気がします☆
(2009年02月23日 11時11分56秒)

Re[1]:歩いても 歩いても(02/23)   takusyun さん
りらっくままハッシー!^o^さん

特に大きな事件の起こらない映画ですが、親子関係というものを改めて考えさせられました。
現代はコミュニケーションが希薄な時代といわれますが、それは他人だけでなく親子関係にも言えることかもしれません。
黙っていても気持ちが通じるのが親子かもしれませんが、もっと素直に言いたいことを言ってより理解しあう関係の親子になるべきかなとチョット反省した作品でした。
(実家は同じ市内にあるので、もう少し頻繁に訪問すべきかなと思いました)
(2009年02月23日 14時55分40秒)

PR

X

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

ヴェロニカ・ゲリン New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

ご無沙汰です hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

© Rakuten Group, Inc.